【リオ五輪】ボルトが金 男子100メートル

ボルト選手 Image copyright Reuters

リオデジャネイロ五輪で14日、陸上男子100メートルの決勝戦が行われ、世界記録保持者のウサイン・ボルト選手(29)が金メダルを獲得した。同種目で史上初の3連覇となった。

ボルトの記録は9.81秒。2008年の北京大会、2012年のロンドン大会に続く金メダルとなった。

2位は米国のジャスティン・ガトリン選手(34)。ドーピング違反で2回処分を受けたこともあるガトリンはボルトに0.08秒遅れてゴールした。

ボルト選手はBBCスポーツの取材に対し、「もっと早く走れると思ったが、勝ったのはうれしい」と語った。「みんなに見てもらうために来た。すべきことをした」。

カナダのアンドレ・ド・グラス選手は個人最高記録である9.91秒をマークし、銅メダルを獲得。4位には、ボルト選手と同じジャマイカのヨハン・ブレイク選手が入った。

Image caption 女子7種競技の銀メダリスト、ジェシカ・エニス選手(写真右)らと自撮りに応じるボルト選手

ボルト選手は、100メートルに加えて、200メートルと400メートルリレーを制することで、3大会連続3冠を目指しており、今後も注目の的だ。

ボルト選手は今年2月、2017年の世界選手権の後に引退すると表明。ボルト選手は、「不死の存在になると言われたことがあったが、もう2つのメダルで不死は達成できるんじゃないかな」と話した。

(英語記事 Rio Olympics 2016: Usain Bolt wins 100m gold, Justin Gatlin second

この話題についてさらに読む

関連リンク

BBCは外部サイトの内容に責任を負いません