【リオ五輪】サンバで閉会、五輪旗は東京へ

リオ五輪閉会式で踊るサンバ・ダンサーたち Image copyright AFP
Image caption リオ五輪閉会式で踊るサンバ・ダンサーたち

今月5日に始まったリオデジャネイロ・オリンピックは21日夜(日本時間22日午前)、見事なカーニバルのような祭典で閉会した。五輪旗は正式に、2020年大会を開く東京に渡された。風雨で濡れるマラカナン競技場では、ブラジルのアートと東京の鮮やかなメッセージが人目を引いた。大会には206カ国と難民選手団から1万1303人のアスリートが参加した。

閉会を宣言した国際オリンピック委員会(IOC)のトマス・バッハ会長は、「素晴らしい都市で開かれた素晴らしいオリンピックでした。この16日間、誰にとっても大変なこの時代に、団結したブラジルが抑えがたい生きる喜びを表現して、私たちを元気づけてくれた」と称えた。

リオデジャネイロ五輪大会組織委員会のカルロス・ヌズマン会長は、「リオの大会は大きなチャレンジだったが、チャレンジして成功した。この国と町と人々を誇りに思う。リオは歴史に応えた」とあいさつした。

Image copyright AFP
Image caption マラカナン競技場から上がった花火
Image copyright AFP
Image caption 競技場の地面から樹が大きく育ち、再生を表現した(21日)
Image copyright Getty Images
Image caption 米国選手団の旗手は体操で金メダル4つ獲得のシモーン・バイルス選手
Image copyright Helen Glover
Image caption 英国選手団は光る靴で入場。写真は、ボート2冠のヘレン・グローバー選手
Image copyright Getty Images
Image caption 英国選手団の旗手は女子ホッケーのケイト・リチャードソン=ウォルシュ主将
Image copyright Getty Images
Image caption 一躍有名になったトンガのテコンドー代表ピタ・タウファトファ選手も再び登場
Image copyright AFP
Image caption 雨を浴びながら踊るアスリートたち

次は東京の番

Image copyright Getty Images
Image caption 五輪旗を受け取った東京都の小池百合子知事

セレモニーでは、 リオデジャネイロのエドゥアルド・パエス市長が五輪旗を一旦、バッハ会長に返却。会長は続けて、五輪旗を東京都の小池百合子知事に手渡した。

これを機に会場では12分間にわたり、東京の魅力を紹介する見事な映像や踊りが披露された。日本の漫画やアニメ、ゲームの人気キャラクターが次々に登場し、人気ゲーム「スーパーマリオブラザーズ」のマリオが渋谷からリオの会場に通した土管を通って、マリオの扮装をした安倍晋三首相が登場した。

Image copyright Getty Images
Image caption 「マリオ」としてマラカナン競技場に登場した安倍晋三首相

ひとつの時代の終わり

ジャマイカの陸上代表、ウサイン・ボルト選手(30)は、大会前から公言していた前例のない「トリプル・トリプル」(100メートル走、200メートル走、400メートルリレーの3種目3連覇)を達成し、引退を宣言した。

5大会連続出場した米国の競泳代表マイケル・フェルプス選手(31)は、リオ大会で金5個を含むメダルを6個獲得し、五輪メダル総数を28個に伸ばした。フェルプスの貢献もあり、米国チームアはメダル総数121個と1位。自国外の大会で過去最多のメダル数を記録した。

一方で若手に目を移すと、南アフリカのウェイド・ファン・ニーケルク選手(24)は、17年前にマイケル・ジョンソン選手がたてた400メートル走の記録を破り、リオ大会の「顔」のひとつとなった。体操女子で金メダル4つを獲得した米国代表シモーン・バイルス選手(19)も同様だ。

さらに米国競泳女子ではケイティー・レデッキー選手(19)が金4個と銀を1個を獲得し、フェルプス以降の米競泳界も盤石と思わせた。

Image copyright BBC Sport
Image caption リオ五輪のメダル獲得選手トップ10

「初」の多い大会

リオ五輪ではフィジー、ヨルダン、コソボがそれぞれ初のメダルを獲得。しかもいずれも初メダルが金メダルだった。

バーレーン、プエルトリコ、シンガポール、ベトナム、タジキスタンの選手も初メダルを得た。

オリンピックで世界記録を認定する競技は7種目(アーチェリー、陸上競技、近代五種、自転車トラック、射撃、競泳、重量挙げ)で、この中で27の世界新記録が打ち立てられた。

開催国にも金

ブラジルは大会3日目にリオ出身のラファエラ・シルバ選手(24)が柔道女子57キロ級で、早々に金メダルを獲得した。

20日にはサッカー決勝でドイツを下し、五輪サッカーでは初の「金」を獲得。ネイマールがPK戦で勝利のゴールを決めると、2年前のワールドカップ準決勝で1―7と大敗したドイツ相手だけに、マラカナ競技場の観衆7万8000人は湧きに湧いた。

さらに大会最終日には、男子バレーボール決勝でイタリアに勝ち優勝した。

ブラジルはメダル19個(金7個)を獲得し、メダル数では13位だった。

問題もいろいろ

大会前には、ロシアのドーピング問題やジカウイルスへの警戒、リオの治安やインフラ、会場設備への懸念などが話題となっていた。

始まってみると、大事件はなかったが、いくつかの問題はあった。

・飛び込み用プールが緑になった。

・競技場の空席が目立った。

・ボクシングでは判定に異論が相次いだ。

・馬術会場の報道陣テントに銃弾が撃ち込まれ、報道用バスが襲撃されるなど、警備上の問題があった。

・自転車ロードレースのコースが「危険」と問題視された。

・ドーピングで一時出場禁止になったもののスポーツ仲裁裁判所の裁決で出場し、銀メダルを獲得したロシア競泳女子のユリヤ・エフィモワ選手が何度もブーイングされた。

・柔道男子100キロ超級でイスラエルのオル・サッソン選手に敗れたエジプトのイスラム・エル・シェハビ選手が握手を拒絶した。

しかしおそらくもっとも恥ずかしい思いをしたのは、米国競泳男子の金メダリスト、ライアン・ロクテ選手かもしれない。

チームメイト3人とリオで強盗に襲われたと警察に届け出たロクテ選手は、通報が虚偽だったとブラジル当局に指摘され、自分たちは「大げさ」に言い過ぎたとブラジル国民に謝罪する羽目になった。

オリンピック精神

IOCは今年6月、初の難民選手団として10人の難民選手が大会に参加すると発表した。競泳、柔道、陸上の選手たちは、IOCの旗の下で出場した。

マラソンに出場したエチオピア出身のヨナス・キンデ選手は「これでみんな平等だ。ほかの人と同じに、人間らしく競技に参加する」と喜んだ。

このほか、陸上女子5000メートル走では、接触して倒れた米国とニュージーランドの選手同士が互いを助けあった。米国のアビー・ダゴスティノ選手とニュージーランドのニッキー・ハンブリン選手はこれで、フェア・プレー賞を授与された。

また、友愛精神の延長とでもいうべきか、結婚のプロポーズもいくつかあった。

(英語記事 Rio Olympics 2016: Spectacular closing ceremony as Olympic flag goes to Tokyo

この話題についてさらに読む