ほこりと血まみれのシリア男児の兄、死亡と

オムラン・ダクニーシュちゃんが家族と暮らしていた建物の跡。ロシアは爆撃していないと否定している(18日、シリア・アレッポ) Image copyright Reuters
Image caption オムラン・ダクニーシュちゃんが家族と暮らしていた建物の跡。ロシアは爆撃していないと否定している(18日、シリア・アレッポ)

ほこりと血にまみれてぼうぜんと座る姿が世界の注目を集めたシリア・アレッポの5歳児の10歳兄が、自宅が爆撃された際の負傷で死亡したと、反政府系活動団体が20日、発表した。

「シリア連帯キャンペーン」は、オムラン・ダクニーシュちゃんの兄アリ君が、「ロシアとアサドによる自宅爆撃の負傷」が原因で死亡したと説明している。

ロイター通信は匿名の目撃者の話として、アリ君は爆撃による内出血と臓器破損で死亡したと伝えた。

また英紙ガーディアンの中東担当カリーム・シャヒーン記者は、「オマル・ダクニーシュの医師に確認した。オムランが負傷した爆撃によるけがで、兄が亡くなったそうだ」とツイートした。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
「21世紀のホロコーストだ」――シリア負傷男児手当てした医師

シリアの反政府組織「アレッポ医療センター」やオムランちゃんを撮影した衛星テレビ局「アルジャジーラ・ムバシェル」の記者たちは、17日のアレッポ空爆で破壊されたビルからは、オムランちゃんのほか両親と3人のきょうだいも、いったん救出されたと話していた。

Image caption シリアの要衝アレッポを支配するのは――。紫が反政府勢力、緑が政府軍、黄色がクルド系。

(英語記事 Omran Daqneesh's brother Ali 'has died in Aleppo'

この話題についてさらに読む