リオ・パラリンピック閉会 転倒死の自転車選手を追悼

Bahman Golbarnezhad died following a crash in the Men's C4-5 road race on Saturday Image copyright Reuters
Image caption 閉会式では自転車男子個人ロードレースで転倒死した、イランのバハマン・ゴルバルネジャド選手を追悼

リオデジャネイロ・パラリンピック大会の閉会式が18日夜、満員のマラカナン競技場で行われ、大会が終了した。

歌手やダンサー、花火などが華やかに彩るスタジアムでは、17日の自転車男子個人ロードレースで転倒して死亡した、イランのバハマン・ゴルバルネジャド選手の追悼も行われた。

左脚が義足のゴルバルネジャド選手は足に運動機能障害がある選手対象のレースに出場したものの、転倒して頭部を強く打ち死亡した。国際パラリンピック委員会(IPC)によると、パラリンピックでの選手の死亡事故は初めて。オリンピックで競技中の選手が死亡するのは、1960年ローマ大会でデンマークの自転車選手が死亡して以来。

IPCのサー・フィリップ・クレイベン会長は、パラリンピック運動にかかわる全員が「悲しみで連帯している」と述べた。

閉会の挨拶冒頭でクレイベン会長は、「今日の式は、12日間にわたるスポーツの日々を祝うためのものですが、17日の非常に悲しい出来事の後だけに、とても沈痛な集まりでもあります」、「バハマン・ゴルバルネジャドの死に私たち全員が衝撃を受け、パラリンピック運動全体が悲しみで連帯しています」と述べた。

選手村では追悼のために旗は半旗になり、18日午後に男子シッティング・バレーでイランが優勝した際にも、半旗が掲揚された。

IPCは転倒事故の詳細について調査に着手したという。

Image copyright Getty Images
Image caption 男子シッティング・バレーで優勝したイランの選手たちは、金メダルをゴルバルネジャド選手に捧げた

一方でリオ大会の成功について会長は、「きわめてブラジルらしい」大会で「見事だった」と称えた。

カルロス・ヌズマン五輪組織委員長と壇上に並んだクレイベン会長は、「任務完了です!」と宣言。場内から大きな歓声が上がった。

「私たちが大好きなブラジルは、実力のほどを世界に示しました。この祝典は、ひとつの夢から始まりました。20年かかりました。不可能だと大勢が思いました。しかしリオとブラジルはそうではなかった。不可能が実現しました。ブラジルの人たちは決して諦めない」と会長は称賛した。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
2020年東京大会をリオでアピール 4年かけて貯金する?

パラリンピックの旗は、リオデジャネイロのエドゥアルド・パエス市長からクレイブン会長へ、さらに4年後の大会を主催する東京の小池百合子都知事へと引き継がれた。

Image copyright Reuters
Image caption 英国代表の旗手カディーナ・コックス(陸上、自転車競技)は東京大会にも出場したいと意欲を示している
Image copyright Getty Images
Image caption 閉会式でリオ出身のミュージシャン、ジョナタ・バストスさんはエレキギターを足で演奏した
Image copyright Getty Images
Image caption 東京パラリンピック大会では22競技の開催が予定される。テコンドーが初めて正式競技となる。

(英語記事 Rio Paralympics 2016: Closing ceremony tribute for Bahman Golbarnezhad

この話題についてさらに読む