ロンドンで刃物犯罪が増加 ナイフ持ち歩く若者増える

観光客が刺殺された中心部ラッセル広場。 Image copyright Getty Images
Image caption 事件現場に供えられた花束。この光景がロンドンでは珍しくなくなってきた。写真は、観光客が刺殺されたラッセル広場。

ロンドンで凶悪事件を恐れてナイフを持ち歩く若者が増えており、そのため刺傷・刺殺事件が急増しているという。ロンドン議会の警察犯罪委員会が報告書を発表した

刃物を使った暴力事件はロンドンで2014年6月以降、ほぼ右肩上がりに増えており、今年8月には過去4年で最多を記録したという。

25歳未満の若者による刃物を使った事件は、2012年6月には1719件だったが、2016年8月には1749件だった。

報告書によると、ロンドンで刃物を使った事件のうち、ギャングによるものは5%未満だという。

報告をまとめたロンドン議会警察犯罪委員会のスティーブ・オコネル委員長(保守党)は、「ギャング暴力にばかり注目してしまうと、ナイフ犯罪の状況に何の効果もないのだが、そのことに気づいている人は少ない。それだけにこの調査結果は重要だ」と話す。

英国全土でも、イングランドとウェールズでは昨年、4年間で初めてナイフによる暴力事件が増えた。

Image caption ロンドンで最も刃物犯罪の多い地区。横棒は24歳未満の被害者の数(2015年8月~2016年8月、家庭内暴力は除外)。ロンドン議会資料より。

PCC報告書によると、若者がナイフを携行するようになる最大の理由は、「自分を守らなくてはならないと感じているから」とみられる。自分の地域で刺傷・刺殺事件があったと認識することでさらに、この恐怖が強くなることもある。

「重大事件の発生後は、警察などの関係機関が連携して、若者たちに安全だと安心させる必要がある」と報告書は促している。

Image caption 2012年3月から2016年8月までのロンドンの発砲件数。ロンドン市警は2016年8月に発砲事件302件を認知した(ロンドン議会資料より)

ロンドン市警によると、ロンドンで昨年認知された青少年の凶悪事件の約半数で刃物が使用され、被害者の約25%は少女や若い女性だったという。

ロンドン・ウェストミンスター地区のギャング対策担当マット・ワトソン氏は、「ナイフを持ち歩けば、自分が刺される可能性はぐんと強くなる。しかもおそらく、自分のナイフで刺される」と指摘する。

青少年支援団体「レッドスレッド」のグレアム・ロブ氏は、ナイフ犯罪は「不安定に急増・急減」することがあり、今回の増加もそうした現象かもしれないと話す。

ロンドン市警によると、青少年による刃物犯罪はほとんどの場合、家庭で普通に手に入るナイフが凶器となっている。往来で刃物を持ち歩く若者を減らすには、事前情報をもとにした職務質問と身体検査が不可欠だという。

7月には、サディク・カーン市長がナイフ犯罪対策に40万ポンド(約5200万ポンド)を充てると発表。市長報道官は、今回の報告内容を市長は慎重に検討すると述べた。来月には刃物犯罪サミットを開く予定という。

(英語記事 London knife crime rises to four-year high

この話題についてさらに読む

関連リンク

BBCは外部サイトの内容に責任を負いません