立ち小便に悩むドイツの大聖堂 建物が腐食

世界各国のメディア報道を分析する「BBCモニタリング」から――

壮大な大聖堂は困った問題に直面している Image copyright iStock/SergiyN
Image caption 壮大な大聖堂は困った問題に直面している

ドイツ南部にあるウルム大聖堂が男性の立ち小便に悩まされている。歴史的建造物の壁が尿に含まれる塩分と酸によって腐食しているという。

ゴシック建築のウルム大聖堂は尖塔が161.53メートルあり、世界で最も高い教会堂建築だ。ウルム市は今年、立ち小便の罰金をこれまでの2倍の100ユーロ(約1万1360円)に引き上げたが、状況は改善していない。

市の担当者ミヒャエル・ヒルベルト氏は地元紙ズードベストに対し、「半年間、気を付けて見ているが、またもや小便と吐しゃ物で覆われている」と語った。ヒルベルト氏は、自分は「ピンケルポリツァイ」(小便警察)ではないとしながらも、反社会的な行為に対し当局の対応が必要だと語った。「法と秩序の維持が問題になっている」。

放送局ドイチェ・ベレによると、教会は最近多額の費用をかけて修復されたばかりだという。

教会のある町ではよくあることだが、ウルム大聖堂の周りでも催し物が年中開かれている。主催者は無料トイレを提供して、用を足したくなった男性が教会に行こうと思わなくするようにすべきだとヒルベルト氏は主張する。

市の広報担当はズードベスト紙に対し、警官の巡回を増やしているが、最近では立ち小便の現場を捕まえたことがほとんどないと話す一方、罰金の引き上げは効果がなかったと認めた。この広報担当は、人間がいる限り問題はなくならないと述べた。

ウルム大聖堂は、2026年にスペイン東北部バルセロナで「サグラダ・ファミリア」が完成した際に、世界で最も高い教会という称号を譲ることになる。サグラダ・ファミリアは完成時に172.5メートルの高さになる予定。

(英語記事 Pee problem eroding world's tallest church