「勲章返します」レノンさんの女王宛て手紙下書き、フリマで

Lennon letter Image copyright Beatles Story
Image caption 20年前のフリーマーケットで売られていたレコードのケースに挟まれていた

ジョン・レノンさんが1969年11月に勲章を返還するとエリザベス女王に宛てた手紙の下書きが、20年前のフリーマーケットで10ポンド(約1300円)で買ったレコードのケースに挟まれていた。英リバプール在住の所有者が26日、リバプールのビートルズ記念館で鑑定してもらったところ、6万ポンド(約780万円)の価値があると明らかになった。

レノンさんが実際に女王に送った手紙は、王室資料室に保管されている。レノンさんは1965年にビートルズの一員として大英帝国勲章団員(MBE)を授与されたが、1969年に女王宛ての手紙と共に王室に返還した。理由として「ナイジェリア・ビアフラのことに英国が関わってることと、この国がベトナムでアメリカを支援してることと、(自分のアシングル曲)『コールド・ターキー』がチャートで順位下げてることに抗議して」と説明している。

今回鑑定されたのは、この手紙の下書きだったとみられる。音楽関係の収集物に詳しいダレン・ジュリアンさんは、「素晴らしい発見」だと称賛。「インクがところどころこすれているので、これを送らなかったのだと思う。女王に手紙を送るなら、ちゃんとしたいはずだから。インクがこすれているものを送りたくないだろう」。

Image copyright Beatles Story
Image caption レノンさんが妻オノ・ヨーコさんと当時設立したばかりのバッグ・プロダクションズの便箋に書かれた手紙は、「バッグのジョン・レノン」と署名してある。

この手紙の今の所有者は匿名を希望している。20年前にリバプールのフリーマーケットで、45回転シングル・レコードを10ポンドでまとめ買いして、天井裏に保管しておいたという。

地元紙は、男性がまさか本物だとは思っていなかったので驚いていると伝えている。

(英語記事 John Lennon MBE return letter valued at £60k

この話題についてさらに読む

BBCについて