英少年サッカー界の性的虐待、被害者は数百人単位か

  • 2016年11月28日
Paul Stewart
Image caption 11歳から15歳にかけて、ユース・チームの監督から性的虐待を受けていたと語る、元イングランド代表MFポール・スチュワート氏

英サッカー界の元選手たちが、少年選手だったころに監督やコーチから性的虐待を受けていたと公表し、被害者ホットラインへの相談も相次ぐ事態となっている。その中で、プレミア・リーグの複数チームでプレイした元イングランド代表のポール・スチュワート氏(52)は、被害者は数百人単位に上る可能性があると指摘する。

クルー・アレクサンドラFCのアンディ・ウッドワード元選手(43)は16日、当時ユース・スカウト兼コーチだったバリー・ベネル元服役囚(62歳、1994年と1998年、2015年の3回、複数の少年に対する性的虐待罪で有罪)から虐待されていたと公表。その後、同じクルーのスティーブ・ウォルターズ、クリス・アンズワース、ジェイソン・ダンフォード元選手たちが相次ぎ、ベネル元服役囚に虐待されていたとBBCの番組で名乗り出た。

さらにマンチェスター・シティFC元選手で元イングランド代表のデイビッド・ホワイト氏も、マンチェスター市内のジュニアチーム時代にベネル元服役囚に虐待されたと公表。

スチュワート元選手は、自分の加害者はベネル元服役囚ではない当時の監督だが、ベネル元服役囚と関係があったのではないかと話している。

ウッドワード元選手の公表を受けて、英児童虐待防止協会(NSPCC)が緊急ホットラインを設置したところ、開始2時間の内に50人以上が被害相談の電話をかけてきたという。

イングランド・サッカー協会(FA)のグレッグ・クラーク会長は24日にウッドワード氏と会談。クラーク会長はBBCに対して、「恐ろしい犯罪」の被害者たちが「安心して」訴え出られるように万全を尽くすと話した。

Image caption 左から、ポール・スチュワート、スティーブ・ウォルターズ、デイビッド・ホワイト、アンディ・ウッドワード各選手

マンチェスター・シティFCは24日、「バリー・ベネルが1980年代にマンチェスター・シティFCと関わっていたという指摘について、認識している。このため、(ベネル元服役囚が)過去にこのチームとどう関わっていたのか徹底的に調査している」と発表した。

英紙ガーディアンによると、ニューカッスル・ユナイテッドFCのユース・チームの元コーチで、2002年に少年サッカー選手たちへの性的虐待罪で有罪となったジョージ・オーモンド元服役囚から、性的虐待を受けていたという匿名の元選手が、警察に通報しているという。

ノーサンブリア警察の報道官はガーディアン紙に対して、「ニューカッスルで過去に性犯罪が繰り返されていた」という訴えを受理し、捜査中だと答えている。

オーモンド元服役囚は、1974年から1994年にかけて13歳~21歳の少年や青年に対して性犯罪を繰り返した罪で有罪となり、服役した。当時の裁判長は、「サッカー・コーチとしての立場を悪用して、弱い立場にある子供たちを標的にし」、「青少年を常習的に虐待した」と指摘。「コーチの権限によって、犯行が明るみに出るのを防いだ」と糾弾していた。

元イングランド代表選手、少年サッカー時代の性的虐待を公表

スチュワート元選手は、プロ生活をブラックプールで始め、トットナム、マンチェスター・シティ、リバプールで相次ぎプレイした。ベネル元服役囚ではない別の監督に、11歳から15歳までの間、虐待されていると明らかにしたスチュワート氏は、「何百人もの」被害者が名乗り出る可能性があるとBBCに話した。

BBCのダン・ロアン・スポーツ担当編集委員に対してスチュワート氏は、自分を虐待していた監督は、ベネル元服役囚と知り合いで、ほかにも「同じことを子供相手にやっていた」男性2人と知り合いだったと説明。共謀の事実の証拠はないが、「みんな共犯だったに違いない」と話した。

「サッカー選手になりたかったら、言うとおりにしろと言われていた」、「子供のころからずっと、サッカー選手しかなりたいものがなかった。僕が人に話せば、両親や2人の兄を殺すと脅されていた」とスチュワート氏は話した。

スチュワート氏は、15歳でブラックプールと契約してようやく、虐待から逃れることができたと述べた。同氏は17歳で、ブラックプールの選手としてプロデビューした。

BBCの人気司会者だった故ジミー・サビルによる児童虐待と同じような大規模で悪質な事態になるかと問われたスチュワート氏は、「もちろんそうなると思う。被害者が訴え出られさえすれば、確実にそうなると思う」と答えた。

最初に英紙デイリー・ミラーで自分の被害を名乗り出たスチュワート氏は、発売前の紙面を子供たちに自分で見せることができなかったと認め、「とても辛かった」と話した。

「でもこうする必要があると思った。被害に遭ったほかの人たちが訴え出られるように。またやろうと思ってる人間が思いとどまるように。サッカーだけでなく、あらゆる分野で」とスチュワート氏は、名乗り出た理由を説明。さらに「スポーツの世界で子供に接触するのは本当に簡単だ。簡単に獲物にされてしまう」と警告した。

Image copyright PA
Image caption バリー・ベネル元服役囚

ベネル元服役囚は、1980年代から1990年代にかけてクルー・アレクサンドラFCのユース・コーチで、ストーク・シティやマンチェスター・シティともかかわりが深かった。

チェシャー警察によると、ウッドワード元選手が名乗り出て以降、ウォルターズ元選手を含めて11人が、被害を名乗り出たという。

24日夜には、英中部ミルトン・キーンズにあるベネル元服役囚の自宅から警察が犬と複数の箱を持ち出す様子が、目撃されている。

イングランドサッカー選手協会(PFA)のゴードン・テイラー会長はBBCスポーツの取材に対して、「隠蔽があったとか秘密の目的があったとかそういう話になる。自分の経験とPFAの立場からしか語れないが、隠蔽はない。選手を助け、問題を解決するのが我々の役目だ」と話した。

「訴え出る選手の数は増えている。この問題が原因でサッカーを職業にしなかった若者もいるかもしれない。問題の全体に取り組む必要がある」

FAで平等と安全を担当するスー・レイベンロー氏は、名乗り出た4人の選手の「勇気と尊厳」は「とてつもない」と評価した。

(英語記事 Paul Stewart: Football sex abuse victims 'could number hundreds'

この話題についてさらに読む

関連リンク

BBCは外部サイトの内容に責任を負いません