【移民危機】イタリア到着の北アフリカ移民 最高記録を更新

リビア沖で救助されたゴムボートに乗った移民希望者たち(今月3日) Image copyright AFP
Image caption リビア沖で救助されたゴムボートに乗った移民希望者たち(今月3日)

今年、イタリアに到着した北アフリカ地域からの移民の数が17万1000人に達し、過去最高記録を更新した。

これまでの過去最高は2014年の17万100人だった。

国連によると、今年に入って欧州への移民を目的に地中海を渡って遭難し、死亡・行方不明となった人の数も過去最高の約4690人に達している。

移民の流入により、イタリアの難民制度にかかる負担は増加している。イタリア各地に設置された受け入れ施設には、現在17万6000人以上が収容されている。

イタリア内務省によると、移民の大多数はアフリカから来ている。出身国の主な内訳は、ナイジェリアから3万6000人、エリトリアから2万人、ギニアから1万2000人となっている。

多くの人はさらに欧州北部を目指しており、ドイツやスウェーデンなどが目的地として人気が高い。

イタリアに到着する移民の数が増加したのは、今年3月の欧州連合(EU)とトルコとの合意を受け、ギリシャからバルカン半島諸国を通って欧州北部を目指すルートがほぼ遮断されたことが背景にある。2015年に欧州に到着した100万人以上の移民は主にトルコを通過していた。

トルコのエルドアン大統領は先週、EU加盟交渉が停止した場合には、トルコを通過する移民希望者の増加を容認するかもしれないと警告した。

地中海を渡ろうとする移民の救助や事故は毎週のように報じられている。多くの場合、耐久性のない船に定員を超えて乗り込んだ状態で発見されている。

イタリアの沿岸警備隊は28日、11台のゴムボートと2台の小型ボートに乗った約1400人がリビア沖で救助されたと発表した。

(英語記事 Migrant crisis: Italy sees record arrivals from North Africa

この話題についてさらに読む