インドネシア北部でM6.5の地震 少なくとも97人死亡

インドネシアの気象庁は今回の地震による津波の心配はないと述べた Image copyright AFP
Image caption インドネシアの気象庁は今回の地震による津波の心配はないと述べた

インドネシア・スマトラ島北部のアチェ州で7日、マグニチュード(M)6.5の地震が発生し、少なくとも97人が死亡した。

アチェ州の軍幹部は、地元テレビに「今のところ97人が死亡し、人数は増え続けている」と話した。

沿岸部の震源から北西に19キロ離れたシグリでは、建物数十棟が崩壊し、がれきの下敷きになっている人がいる可能性がある。

インドネシアの気象庁は、津波が起きる危険はないと述べた。アチェ州では、12万人が死亡した2004年の大地震の際に、津波による大災害を経験している。

米地質調査所(USGS)によると、地震が起きたのは現地時間の午前5時3分(日本時間午前7時3分)ごろで、震源の深さは17.2キロ。

Image copyright AFP/Getty Images
Image caption 地震でいくつかのイスラム教礼拝所(モスク)が破損した
Image copyright AFP
Image caption 生存者を探してがれきの中を調べる救助隊員ら
Image copyright AFP/Getty Images
Image caption がれきの下敷きになっている人がいるため、犠牲者の数は増える可能性があると地元の当局者は語った

最も被害の大きいピディエ・ジャヤのサイド・ムルヤディ副地区長は、BBCの取材に対し、犠牲者の数は今後増える可能性があると述べた。

ムルヤディ氏はAFP通信に対し、犠牲者には子どもが数人含まれ、地元の病院は負傷者の手当てに追われていると語った。

がれきの下の生存者を探すため重機が使われているが、ピディエ・ジャヤのアイユブ・アッバス氏はAP通信に対し、重機が足りないと語った。

Image caption アチェ(Aceh)州と州都バンダ.アチェなどの位置

アチェ州の州都バンダ・アチェでも、地震の衝撃が感じられ、多くの人が自宅から避難した。余震が続くなか、人々は自宅に戻るのをためらっている。

環太平洋火山帯(リング・オブ・ファイヤー)と呼ばれる太平洋の外縁をほぼ一周する地震災害や火山爆発の多い地帯に、インドネシアは位置している。

スマトラ島では今年に入って数度大きな地震が起きている。

(英語記事 Deadly earthquake hits Aceh in Indonesia

この話題についてさらに読む