ハリポタ「組み分け帽子」そっくりの新種クモ 登場人物にちなんで命名

新種のクモ「エリオビクシア・グリフィンドリ」(写真左)と「組み分け帽子」 Image copyright Javed Ahmed/Getty Images
Image caption 新種のクモ「エリオビクシア・グリフィンドリ」(写真左)と「組み分け帽子」

インドで発見された新種のクモが、人気小説「ハリー・ポッター」に登場する「組み分け帽子」に「気味が悪いくらい」に似ているとして、登場人物にちなんだ命名がされた。

「エリオビクシア・グリフィンドリ」と名付けられた新種のクモは体長わずか7ミリで、インド南西部にある山岳地帯の西ガーツ地方で見つかった。

名前の一部「グリフィンドリ」は、小説の主人公が学ぶホグワーツ魔法魔術学校の創設者の一人で、帽子の持ち主だったゴドリック・グリフィンドールにあやかっている。

クモを発見した3人の研究者のうちのひとり、ジャベド・アハメドさんはBBCラジオで、「一帯を調べていた時にクモに出合ったんです」と語った。

「ハリー・ポッター」のファンだというアハメドさんは「見つけた時に、もし名前を付けるんだったら組み分け帽子だと決めていました」と話した。

インドのクモ学会誌に論文を載せた科学者たちは、発見されたクモが「魅力的ながらも無視されがちな無脊椎動物に人々の注目を集める」ことに期待を寄せた。

新種クモは、落ち葉に似た色や形をしており、敵から身を守るためだとみられる。

小説の原作者J・K・ローリングさんもクモの命名を歓迎するコメントをツイッターに投稿した。

Image copyright @jk_rowling/Twitter
Image caption ローリングさんは「もうひとつのビースト(生き物)の発見、おめでとう!」とツイートした

アハメドさんも、ローリングさんとやりとりしたことを明らかにし、「お気に入りのキャラクターの名前から新種を命名できた上に、作者からも祝福されるなんて、オタクの科学者の何人が経験できるだろう」と喜びを語った。

最近公開されたハリー・ポッターのスピンオフ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の主人公が、生き物好きな「魔法動物学者」だという、偶然の一致もあった。

(英語記事 New spider species resembles Harry Potter 'Sorting Hat'

この話題についてさらに読む