シリア停戦合意、ほぼ持続 国連安保理は投票へ

反政府勢力が支配するドゥーマ(30日) Image copyright Reuters
Image caption ダマスカス郊外ドゥーマで30日に砲撃があったと反政府勢力は主張している。写真は、反政府勢力が支配するドゥーマ(30日)

シリア全土で30日午前零時(日本時間午前7時)に発効した政府軍と反政府勢力の停戦合意は、散発的な衝突のほかは終日ほぼ継続したもようだ。国連安全保障理事会は近く、停戦合意を支持する決議案(ロシア提出)について採決する見通し。

ロシア作成の安保理決議案は、シリア全土に人道援助を速やかに届けるよう求めるほか、ロシアとトルコが仲介し来月カザフスタンで予定される和平協議を支持し、政府と反政府勢力の間の政治的交渉による紛争の終結を求めている。

シリアのアサド政権を支持するロシアはこれまで、アサド大統領退陣を前提とした紛争解決を求める米英仏による安保理決議案に対して、拒否権行使を繰り返してきた。

今回の停戦合意をロシアと共に仲介しているトルコは、アサド大統領退陣を支持してきた。

英国拠点の「シリア人権監視団」によると、30日午前零時に停戦合意が発効した後、北部ハマ県で政府軍と反政府勢力の衝突があった。首都ダマスカス近くのワディ・バラダでは、この地域を抑えてきた「ジャブハト・ファタハ・アル・シャム」(旧ヌスラ戦線)のイスラム聖戦主義者たちも空爆されたという。

しかしシリア軍はこれを否定し、反政府側が合意が守られていないという誤った印象を与えようとしていると批判した。

国連は29日、ワジ・バラダでの戦闘に懸念を表明。ダマスカス周辺住民約400万人に飲料水を供給する水源を、戦闘員たちが意図的に攻撃していると指摘した。

一方でトルコ軍関係者によると、北部アル・バブ周辺にある過激派勢力のいわゆる「イスラム国」(IS)の拠点をロシア空軍機が3回にわたり爆撃したと話した。アレッポ県に残るISの最後の拠点を奪還しようとするトルコ軍主導の作戦を、ロシアが支援するのはこれが初めてという。

シリア政府軍によると、ロシアとトルコが仲介した停戦合意に、ISと「関連組織」は停戦合意に含まれていない。しかし「ジャブハト・ファタハ・アル・シャム」が含まれているかどうかについては、情報が錯綜している。

「ジャブハト・ファタハ・アル・シャム」の広報担当は30日、今回の停戦合意下での政治的解決は「犯罪的独裁政権を複製」してしまうと批判し、今後もアサド大統領と闘い続けると表明。「ジャブハト・ファタハ・アル・シャム」の戦闘員たちは現在、イドリブ県を掌握する反政府同盟に参加している。


<解説>新しいキングメーカー  ――リーズ・ドゥセットBBC国際報道チーフ特派員

Image copyright AP
Image caption ロシアは空母発着の戦闘機でシリア国内の爆撃を重ねてきた

今回の停戦合意は、開始の準備が整う前に早くも発表された。参加した7勢力には、ロシアとシリアの両政府がかねてからテロリストと呼んできた「アフラル・アル・シャム」も含まれている。「アフラル・アル・シャム」は合意内容に一部「懸念がある」と話している。それは、彼らを支援するサウジアラビアやカタールの懸念と何か関係するのだろうか?

いずれにしろ、新しい米国大統領の登場に先駆けて、シリア和平の中心的当事者が座るテーブルの顔ぶれは刷新された。重要な外国政府は、ロシアなのだ。そして交渉テーブルの反対側にキングメーカーとして座る重要な当事者は、米国に代わりトルコになった。トルコには駆け引き材料があるし、何よりも米国が支援するシリアのクルド部隊を勢いを食い止めたいという動機もある。

アレッポを失い手痛い敗退を余儀なくされた反政府勢力の戦闘員の多くは、この戦闘停止を歓迎しているだろう。しかしトルコと同様、反政府勢力がアサド大統領の退陣を求めることには変わりない。その意向は、アサド氏本人の周辺はもちろん、今回の停戦でロシアやトルコ並みに大きな役割を果たしたイランの意向とも異なる。

しかしアサド大統領の処遇は、顔ぶれが刷新されたこの一大駆け引きの次回ラウンドに持ち越される。次回ラウンドとはもしかすると、ロシア勢力圏のカザフスタン・アスタナで行われる和平協議が、その場になるのかもしれない。


(英語記事 Syria conflict: UN to vote on Syria ceasefire deal

この話題についてさらに読む