メルケル独首相の移民受け入れは「破滅的過ち」=トランプ氏

トランプ氏 Image copyright The Times

ドナルド・トランプ次期米大統領は15日の英紙タイムズとドイツ紙ビルトとの共同インタビューで、ドイツのアンゲラ・メルケル首相が100万人以上の移民受け入れを推進したのは「非常に破滅的な過ち」だったと述べた。

トランプ氏はさらに、メルケル氏が欧州各国の指導者の中でも群を抜いて最も重要な人物だと述べ、欧州連合(EU)がドイツの道具と化していると語った。

ニューヨーク中心部マンハッタンにある「トランプ・タワー」で行われたインタビューで、トランプ氏は主に外交政策について語り、より公正な貿易協定や国境管理の強化に優先的に取り組むと述べた。

トランプ氏はまた、中国をはじめ、世界各国との貿易で生じている赤字への対策を米国は取る必要があるとし、自らの政権は、自由貿易よりも賢い貿易を重要視すると話した。

ロシアと何らかの合意に達する可能性について質問を受けたトランプ氏は、核兵器削減が含まれるべきだとし、対ロ経済制裁の解除には、核兵器の「大幅な削減」が必要だと述べた。

中東地域に話が及ぶと、トランプ氏は米国の2003年イラク侵攻を強く非難し、米国史上最悪の決断だっかもしれないと指摘した。また、シリア国内に安全地帯を設定し、費用は米国と同盟を結ぶ湾岸諸国が負担すべきだったと述べた。

トランプ氏は、英国がEUを離脱するのは「本当に頭がいいことだ」とし、「国はそれぞれアイデンティティーが欲しいわけで、英国は自分のアイデンティティーを求めていた」と述べた。「君たちはとてもうまくやっていると思うよ。とてもうまくやっている」。

このインタビューは、ブレグジット(英国のEU離脱)推進の一人者だったマイケル・ゴーブ前法相がタイムズ紙のために行った。ゴーブ氏は後に、トランプ・タワーでトランプ氏と撮った写真がツイッターに掲載されていたのを、自らリツイートした。

トランプ氏はさらに、ほかの国もEUから離脱するとの予想を示し、「人々は自分たちのアイデンティティー(中略)を求めていると思うから、どうかと聞かれれば、もっと離脱が続くと思う」と話した。

トランプ氏は、米国への移民に対する厳しい姿勢をあらためて表明し、「外から人々がやってきて自分たちの国を破壊するのを、国民は望んでいない。この国では、私の就任初日から国境管理をとても厳しくする」と述べた。

Image copyright The Times
Image caption トランプ氏(写真左)のインタビューに英タイムズ紙はゴーブ前法相(同右)を派遣した

メルケル独首相についてトランプ氏は、「欧州の指導者の中でも群を抜いて重要な人物」だとし、「欧州連合を考えれば、ドイツそのものだ。実質的にドイツの道具になっている」と指摘した。

トランプ氏は、「彼女(メルケル氏)は、あれだけの不法入国者を受け入れるという、一つ非常に破滅的な過ちを犯した」と述べた。

英国が国民投票でEU離脱を選択したのには移民問題が関係しているとトランプ氏は述べ、「もし彼ら(欧州各国)があれだけの難民を、あんなに大勢受け入れさせられ、それに伴う(中略)あれだけの問題を引き受けることがなければ、ブレグジットは起きなかったと思う。これは本当だと思う」と語った。

「(離脱は)避けられたかもしれなかったけれど、あれは最後の一撃になった。我慢の限度を超えてしまったんだ」

Image copyright AFP
Image caption 仏北部カレーの移民キャンプからの移送を待つ移民たち。トランプ氏は大量の移民が欧州有権者の怒りを呼んでいると語った

トランプ氏は、就任当初は「ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とメルケル氏の両方をまずは信用する」とした上で、「それがどのくらい続くか分からない」と話した。

国際的な安全保障についてトランプ氏は、「北大西洋条約機構(NATO)にはかなり前から問題があった」とし、「まず、何年も前に設計された制度なので時代遅れだし、それに、各国が応分の負担をしていなかった」と語った。

トランプ氏は、NATO予算への拠出額が適切なのはわずか5カ国しかないと指摘。「5か国だ。あまり多くない。(中略)そうはいっても、私はNATOをとても重要だと考えている」と述べた。

就任後もツイッターでコメントし続けるのか問われたトランプ氏は、「うまくいっている。ツイートは減らそうかと思ったが、私に対する報道があまりにも嘘が多すぎる。あまりにも嘘が多い」と語った。

「ポン、ポン、ポンとツイートを出せば(中略)すぐに、(マスコミは)報道する。けさも、フォックス(・ニュース)が『ドナルド・トランプに関する速報です』とね」

(英語記事 Donald Trump says Merkel made 'catastrophic mistake' on migrants

この話題についてさらに読む