EU離脱めぐるメイ英首相演説 欧州の反応

英国の離脱にはEUに加盟する他27カ国の承認が必要だ Image copyright Reuters
Image caption 英国の離脱にはEUに加盟する他27カ国の承認が必要だ

17日にテリーザ・メイ英首相が行った、欧州連合(EU)からの離脱交渉に向けた方針を説明する演説を受けて、欧州各国は、英国が「厳しい」道を選んだと受け止めている。その一方で、ブレグジット(英国のEU離脱)に対する英国の態度がより明確になったと歓迎する声もある。

ドイツのフランク=ワルター・シュタインマイアー外相は、「ようやく英国の計画について明確さが少し増した」と述べた。外相はまた、ドイツが英国と「緊密で信頼できる関係」を求めているとした。

チェコのトマシュ・プロウザEU担当相はツイッターで、「英国の計画はいささか野心的にみえる」とコメント。「できるだけ自由な貿易、移民の完全な管理……希望を獲得する話ばかりで、譲歩はあるのか」と疑問を呈した。

イタリアの日刊紙レプブリカは、「EUを出て、単一市場を出て、すべてから出る。3月末のEUとの交渉でテリーザ・メイ氏が考えているのは、『ハード・ブレグジット』だ。まさに、とてもハードなブレグジットだ」と評した。

EUのドナルド・トゥスク大統領は、残念だと述べつつも、多少安堵もしたとツイッターでコメントした。「悲しい過程で、超現実的なご時世だが、少なくとも、より現実的なブレグジットの発表だ」。


<関連ニュース>

英首相、EU単一市場からの離脱を表明

EU関税同盟で新たな仕組みは可能か 英首相演説を検証

ハード、ソフト、クリーン、灰色、赤白青……ブレグジット多種多彩


ベルギーのリベラル派政治家で、欧州議会で離脱交渉を担当するヒー・フェルホフスタット氏は、どのような合意でもEU加盟より良くはならないと警告した。

フェルホフスタット氏は、メイ首相が「幻想」を抱いているとし、「単一市場から出て、関税同盟から出て、いいとこ取りをして、それでも多くの有利な条件が得られるつもりなら、それは実現しない」と述べた。

また、メイ首相が英国の経済モデルを変える可能性に触れたことについて、「脅しだ」とし、交渉を妨げるリスクがあると批判した。

ノルウェー型は否定

ノルウェーの日刊紙アフテンポステンは、メイ首相の演説が「ノルウェー型の(EU)域内市場との関係の明確な否定」を示唆したと指摘した。

ノルウェーは、EU単一市場への開放的で関税が課されないアクセスが与えられる「欧州経済地域」(EEA)に加盟することで、EUとの緊密な関係を築いている。ただし、ノルウェーの漁業と農業は除外されている。

ノルウェーは代わりに、EU予算に多額の拠出を行っており、大方のEU法を自動的に受け入れている。

Image copyright Getty Images
Image caption ロンドン・ガトウィック空港の入管。メイ首相は移民の「制御」を表明した

フランスの日刊紙フィガロは、「彼女(メイ首相)はその言葉を使おうとしないが、これはまさにハード・ブレグジットだ」と評した。

マリー・ルペン党首率いる極右政党の国民戦線(FN)は、メイ首相の演説を称賛した。FNのフロリアン・フィリポ副党首はツイッターで、「『明確ではっきりとした』ブレグジットで国民を尊重する態度を示したメイ氏に、ブラボーと言いたい。主権は中途半端にはできない。フランスの独立は近い!」とコメントした。

「思いきりドカンと」

スカイ・ニュースによると、アンゲラ・メルケル独首相に近い保守系議員ミヒャエル・フックス氏は、メイ首相が「いいとこ取り」をしていると非難した。

オランダの日刊紙アルゲメーン・ダグブラッドは、メイ氏の演説を「ブレグジットについて少しだけというのではなく、思いきりドカンときた」と表現した。

同紙には、「EUにさようなら……欧州の門前に税の天国を作り出すというのが、英政府からの、語られずとも大きな脅し」との言葉が載った。

スウェーデンのカール・ビルト元首相は、「英政府が選んだ取り組み方を残念に思う」とツイートした。「EUの大半の人は英国との間の、より緊密な関係を望んでいたと思う」。

スウェーデンは長年、EUの中で最も英国に近い関係を築いていた。

(英語記事 Europe sees UK set for 'hard' Brexit after May speech

この話題についてさらに読む