イタリア中部で雪崩 ホテルで「多数死亡」

An ambulance drives in Campotosto village covered with snow Image copyright EPA
Image caption 地震が相次いだイタリア中部で雪崩が起きた。写真はカンポトスト村を走る救急車。

イタリア中部アブルッツォ州の山で18日夕方、雪崩が発生し、ふもとのホテルが直撃された。被害者数は明らかになっていないが、救助当局幹部は「大勢が死亡した」と話している。この地域で相次いだ地震が、雪崩を引き起こしたのではないかとみられている。

アブルッツォ州の山間部では18日にマグニチュード5以上の地震が4回相次ぎ、その後も夜通し余震が続いた。グランサッソ山で雪崩が発生し、ファリンドラ町にある四つ星のリゾートホテル「リゴピアノ」を直撃。地元住民などによると、屋根の一部が崩落した。ホテルには雪崩当時、最大35人がいたと言われている。

雪崩は、午後4時半(日本時間19日午前零時半)から午後5時40分の間に起きたもよう。地元住民が救急通報したが、雪で道路が覆われ、吹雪が続く状況下で現場到着が妨げられた。イタリアの報道によると、救助隊の第一陣が到着したのは19日午前4時(日本時間正午)になってのことだった。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
雪崩が直撃のホテルに救助隊到着 イタリア中部
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
豪雪の中を現場に向かう救急車両の車列

山間部救助隊の責任者アントニオ・クロチェッタ氏は、地元メディアに「大勢が死亡した」と話した。すでに1人の死亡が確認され、1人は行方不明という。雪崩が直撃した当時、リゾート・ホテルのリゴピアノには観光客22人と従業員7人がいたとされている。

救助隊に参加したジャンルカ・ファケッティ医師は、「ホテルの上の部分はもうない。色々な部屋は雪で埋まっている。しかし複数の階があり、ほとんどの人は2階や3階ではなく1階にいたと考えている。いずれにしろとても困難な状況だが、助かった人がいてほしいと願っている」と話した。

アブルッツォ、マルケ、ラツィオ周辺は数日前から豪雪に見舞われていたため、多くの町村が雪のために孤立している。

同地域では、昨年8月24日に大地震で298人が死亡している

Image caption 米地質調査所(USGS)は18日、この地域で9回の地震を観測した。最も強い揺れはアマトリーチェのすぐ南が震源だった。

(英語記事 Italy avalanche: 'Many dead' in hotel Rigopiano in Abruzzo

この話題についてさらに読む