トランプ米大統領、移民審査強化を命令 シリア難民受け入れ一時停止

Donald Trump and Gen Mattis at the Pentagon, 27 January Image copyright AFP
Image caption トランプ米大統領とマティス米国防長官(27日、国防総省で)

ドナルド・トランプ米大統領は27日、米国から「イスラム過激派テロリストを締め出す」ために、新しい入国審査制度の導入を命令した。シリア難民の受け入れ一時停止や、2017年の難民受け入れ総数をこれまでの半分以下の5万人に制限するなど、複数の措置を含む大統領令に署名した。

ジェイムズ・マティス新国防長官の就任式の後、国防総省で大統領令に署名したトランプ氏は、「アメリカ合衆国からイスラム過激派テロリストを締め出すための、新しい審査制度を確立する。この国を支援し、国民を深く愛する人しか、この国に入れたくない」と述べた。

また同日放送のテレビインタビューでは、シリア人の難民審査では今後、キリスト教徒を優先すると述べた。

大統領令の要点は次の通り――。

・米難民受け入れ事業を120日間停止。

・「相当の修正」を加えるまではシリア難民の受け入れを禁止。

・イラク、シリアを含む「懸念地域」からの入国を90日間停止。この「懸念地域」にはほかにイラン、リビア、ソマリア、スーダン、イエメンが含まれると報道されている。

・宗教弾圧を理由にした難民申請の検討を優先。ただし申請者が母国で宗教的少数者の場合に限る。

・2017年の難民受け入れ上限を5万人に制限。これはオバマ政権下の上限の半分以下。

ただし、大統領令の草案に含まれていた、シリア国内に「安全地帯」を設けるという項目は最終版からは削除されていた。

大統領令はさらに、すべての移民受け入れ事業は、「申請者が、社会に前向きな貢献をする一員となる可能性を評価」するための質問を用意するよう指示している。

ほかには、すべての国について査証(ビザ)審査時に要求する情報内容を再検討し、外国との査証相互免除協定についてはそれが米国人にとって「真に相互的」なものかどうかを見直すよう指示している。

ただし大統領令は、すべての規制の例外措置はケース・バイ・ケースで検討可能だと付け加えている。

米国は昨年、シリア難民1万人を受け入れた。隣国カナダは、人口規模は米国の9分の1だが、3万5000人を受け入れた。

トランプ氏は2015年12月に、カリフォルニア州での乱射事件を受けて、「何が起きているのか、この国の代表者たちが理解できるまで」、すべてのイスラム教徒に対して米国の国境を封鎖するよう主張。選挙戦の最中も、イスラム教徒のプロファイリングを求めるなど強硬姿勢を貫いていた。

一方でオバマ前政権下の国防総省は、トランプ氏の発言は米国の安全保障を脅かすと反論していた。

シリア難民などの受け入れを停止する大統領命令の署名については、民主党関係者を始め大勢が批判している。

カマラ・ハリス上院議員(民主党、カリフォルニア州選出)は、「ホロコースト追悼記念日」と重なったことに触れ、「間違ってはならない。これはムスリム(イスラム教徒)禁止措置だ」とツイートした

「この国は何十年も前から、両党の大統領のもと、暴力と弾圧を逃れる人たちに門戸を開いてきた」

「ホロコーストの時には、私たちはアンネ・フランクのような難民を入国させなかった。歴史を繰り返させてはならない」

ニューヨーク市のビル・デブラジオ市長は、「米国人かつ移民の孫として、移民に関する大統領令を非常に悲しく思う」とツイート。

「我々は宗教の多様性と平等の理念を基本に築かれた国だ。大統領は今日、恥ずかしくも異なるメッセージを発した」と市長は書いた

市長はさらに、ニューヨークが長年にわたり米国を訪れる移民の玄関口だったことを念頭に、「偉大なるこの移民の町では、自分たちの価値観を常に忠実に守り、自由に息をしたいと希求する全ての人を常に歓迎する」と主張した。

ニューヨークやロサンゼルス、シカゴなど複数の米国都市は、連邦政府の移民取り締まりから未登録移民を守る「保護都市」政策を実施してきたが、トランプ大統領はこれについて連邦交付金を取り上げると表明している。

米自由人権協会(ACLU)のアンソニー・ロメロ会長は声明で、トランプ氏がこれまで使用してきた「extreme vetting(極端な審査、激しい審査)」の表現を批判し、「ムスリム差別の婉曲表現だ」と指摘。さらに、「ムスリムが多数を占める特定の国を名指しし、宗教少数者を例外扱いするのは、政府が特定の宗教を優遇もしくは差別することを禁止する憲法の理念に真っ向から背くものだ」と非難した。

パキスタンで女性の教育権のために運動し、過激派勢力タリバンに撃たれ、後に最年少でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイ氏は、トランプ大統領の命令に「心が張り裂けそう」と書いた。

「トランプ大統領は今、暴力と戦争を逃れようとする子供たち、母親たち、父親たちに対して、扉を閉ざしている」

「アメリカは、難民や移民を歓迎してきた自分たちの誇り高い歴史に背を向けている。その人たちは、新しい生活のための公平な機会と交換に一生懸命働き、あなたたちの国を一緒になって築いてきた人たちです」

Image copyright Getty Images
Image caption マララ・ユスフザイさん

フェイスブックの創設者マーク・ザッカーバーグ氏も、大統領令に「懸念」を抱いていると書いた

ザッカーバーグ氏は、多くのアメリカ人と同様に自分も移民の子孫だと指摘し、「自分の家族のことだけでなく、これは僕個人にとって大事な問題だ。僕は数年前、地元の中学校で教えたことがある。優秀な生徒の多くは、未登録移民だった。あの子たちも、僕たちの未来なんだ」と訴えた。

(英語記事 Trump suspends US refugee programme and bans Syrians indefinitely

この話題についてさらに読む