米司法長官代行、大統領令に反発 政権はただちに解任

特定7カ国からの移民・難民入国を制限するトランプ米大統領の命令には各地で大規模な抗議が起きている。写真は28日、ニューヨーク・ケネディ空港。 Image copyright Getty Images
Image caption 特定7カ国からの移民・難民入国を制限するトランプ米大統領の命令には各地で大規模な抗議が起きている。写真は28日、ニューヨーク・ケネディ空港。

ドナルド・トランプ米大統領がシリアやイラクなど特定7カ国の移民・難民受け入れを制限すると命令したことについて、司法長官代行がこの大統領令を法廷で弁護しないよう省内に指示したところ、トランプ政権はただちに長官代行を解任し、後任を任命した。

オバマ政権下の副長官だったサリー・イエーツ長官代行は、大統領令が合法だと「確信」できないと述べ、各地の裁判所で起こされる裁判において、司法省の担当弁護士たちに大統領令を弁護しないよう指示。大統領令の合法性や政策としての有効性に疑問があると書いた。

これに対してホワイトハウスはただちに、イエーツ長官代行の解任を発表。イエーツ氏は「司法省を裏切った」と声明で非難し、バージニア州東部地区のダナ・ボエンテ連邦検事を新しい長官代行に任命した。

ホワイトハウスの声明は、イエーツ氏が「米国の市民を守るために作られた法律命令の執行を拒否し、司法省を裏切った」と書いている。

トランプ氏が新長官に指名したジェフ・セッションズ上院議員(アラバマ州選出)については、上院での承認公聴会が続いている。これについてホワイトハウス声明は「完全に政治的な理由から民主党の上院議員たちが、承認を遅らせている」と批判した。

解任の発表に先立ちトランプ氏は、「民主党は純粋に政治的な理由から、私の閣僚指名(の承認)を遅らせてる。妨害するしか能がないんだ。今の司法長官はオバマのだ」とツイートした。

Image copyright Twitter / realdonaldtrump

解任に先立ち大統領令を弁護しないよう省内に指示したイエーツ氏は、上級法律顧問への書簡で、「(司法長官代行としての)私の責任は、司法省の立場が法的に正当化できると同時に、法律の最も正しい解釈に裏付けられいるよう、保障することです」、「私たちが法廷でとる立場は、常に正義を追求し、正しいことを支持するというこの機関の、厳粛な責務に常に沿った形でなくてはならない」と書いた。

Image copyright AFP
Image caption 司法長官代行を解任されたイエーツ氏

米外交官たちも反発

この間、ベテランの辞任が相次ぎ、新国務長官の承認も終わっていない国務省では、外交官や職員百人が、大統領令を正式に批判する「不同意電文」の策定を開始した。

この電文の草案では、移民規制は米国の安全に寄与せず、米国らしからぬ措置で、イスラム教圏に間違ったメッセージを送ることになると批判している。

これに対してショーン・スパイサー大統領報道官は、「大統領令の目標や内容が理解できないキャリア外交官たち」は「この事業に協力するか、そうでないなら辞めるべきだ」と述べた。

一方でバラク・オバマ前大統領は、広報担当を通じて、移民規制に対する抗議集会を称賛。トランプ氏を名指しはしないながらも、「市民が憲法で保障されている集会の自由権を行使し、自分たちの声を公職者に届けようとするのは、米国の価値の行方が問われている時には、まったく当然のことだ」と文書で表明した。

大統領経験者が現職大統領の政策について発言するのは異例。


<解説>「月曜夜の虐殺」? ――アンソニー・ザーチャーBBC北米担当記者

トランプ氏を批判する人たちは、「月曜夜の虐殺」と呼んでいる。ウォーターゲート事件の渦中にあった1973年に、当時のリチャード・ニクソン大統領が土曜の夜に司法長官をいきなり解任したのになぞらえている。

しかし今回は少し違う。サリー・イェーツ司法長官代行は、大統領令を法廷で弁護するなと司法省の法律顧問たちに指示することで、実質的にトランプ氏の対応を無理やり引き出したのだ。

間もなく新長官によって交代させられるオバマ政権の居残り組に、このような反抗的態度をとられて、トランプ氏が座視できるはずもなかった。しかし同時に、ホワイトハウスのチームは相変わらず、表現を激しく大げさにして音量を最大限に上げずにはいられなかった。イェーツ氏の解任を発表するのに、長官代行が司法省を「裏切った」とまで非難したのだ。

イェーツ氏解任に先駆けて、政権は国務省の外交官100人以上の書簡にも過剰に反応している。

発足からまだ1週間余りのこの政権は、自分たちをあらゆる形で妨害するワシントンの官僚組織に敵対心を抱いているのだろう。それは想像に難くない。敵対心と猜疑心(さいぎしん)に凝り固まった、塹壕(ざんごう)に立てこもっているような心理状態が今後も続くなら、今回の政治的流血は、単なる始まりに過ぎない。

(英語記事 Trump sacks defiant attorney general

この話題についてさらに読む