中米の新聞、トランプ氏物まねの米俳優写真を本人として誤用

俳優アレック・ボールドウィン氏の写真をトランプ氏として紙面で使ったエル・ナシオナル紙 Image copyright AP
Image caption 俳優アレック・ボールドウィン氏の写真をトランプ氏として紙面で使ったエル・ナシオナル紙

米NBCテレビの長寿風刺コメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」はこのところ、人気俳優たちによるトランプ政権幹部の物まねで人気を得ている。大統領選の最中からトランプ氏を真似てきた俳優アレック・ボールドウィン氏は特に似ていると評判で、ついには中米の新聞が本人と間違って写真を使用するに至った。

中米ドミニカ共和国のエル・ナシオナル紙は、イスラエル入植地に関する記事でベンヤミン・ネタニヤフ首相の写真の隣に、「ドナルド・トランプ米国大統領」との説明つきでこのボールドウィン氏の写真を使ってしまい、謝罪する羽目になった。

同紙は、読者と「影響を受けた」人たちに謝った。

トランプ氏の扮装をしたボールドウィン氏の写真は、「サタデー・ナイト・ライブ」についての説明と共に配信されたが、間違いに誰も気づかなかったと同紙は説明している。

Image copyright El Nacional
Image caption エル・ナシオナル紙の謝罪(11日)

「サタデー・ナイト・ライブ」に出演したこともあるトランプ氏は昨年10月、にールドウィン氏の自分物まねが初登場した際、「下手くそ」だと批判。

「おもしろくない。キャストは最悪で、いつも攻撃的だ。本当にひどいテレビ番組だ」とトランプ氏はツイートした。

Image copyright NBC/Getty Images
Image caption メリッサ・マッカーシー氏演じるスパイサー大統領報道官が評判となっている

「サタデー・ナイト・ライブ」は、トランプ大統領のほか、ヒラリー・クリントン氏やケリーアン・コンウェイ上級顧問、プーチン大統領などの物まねを次々に繰り出して、政治情勢を風刺。最近では、女優メリッサ・マッカーシー氏が演じる「激昂するショーン・スパイサー大統領報道官」が大いに話題となっている。2008年大統領選では、同番組でコメディアンのティナ・フェイ氏が演じたサラ・ペイリン氏の物まねがやはり、評判となった。

Image copyright Twitter/NBC
Image caption 2015年11月にトランプ氏が番組出演した際の番組公式アカウントのツイート。過去に番組でトランプ氏を演じた出演者たちにはさまれたトランプ氏。この時はまだボールドウィン氏の「トランプ物まね」は登場していない。

(英語記事 Alec Baldwin's Trump act fools newspaper/Is Rosie O'Donnell about to break the internet with SNL impression?

この話題についてさらに読む