ドイツ新大統領にシュタインマイヤー前外相を選出

シュタインマイヤー氏(写真中央)の大統領選出を祝福するガウク大統領(同左)とメルケル首相(同右) Image copyright AP
Image caption シュタインマイヤー氏(写真中央)の大統領選出を祝福するガウク大統領(同左)とメルケル首相(同右)

ドイツの連邦議会議員や州代表者らで構成する連邦大会議は12日、新たな大統領にフランクワルター・シュタインマイヤー前外相(61)を選出した。

シュタインマイヤー氏はドイツ国内で最も人気の高い政治家の1人で、外相を2回、合計8年務めた。

ドイツでは大統領職は主に儀礼的なもので、国民の精神的な支柱として位置付けられている。

シュタインマイヤー氏は元弁護士。通常は慎重な言動で知られるが、昨年の米大統領選に際してはドナルド・トランプ氏を「憎しみの伝道師」と呼び、米国との関係はより険しいものになると予想していた。

シュタインマイヤー氏はまた、「恐怖を政治に利用する」人々を批判し、右翼大衆迎合主義を批判していた。

連邦大会議で行われた大統領選でシュタインマイヤー氏は、全1260票のうち931票を獲得した。連邦大会議には、議員らのほか、ドイツの16州各分野の代表者が参加する。

連邦大会議の代議員には、サッカーのドイツ代表チームのヨアヒム・レーブ監督や、ニーダーザクセン州の緑の党を代表する女装したドラァグクイーンのオリビア・ジョーンズ氏がいる。

Image copyright Getty Images
Image caption メルケル首相と共に大統領選出に参加したドラァグクイーンのジョーンズ氏(写真右上)

シュタインマイヤー氏は大統領に今年3月19日に正式に就任する。

シュタインマイヤー氏は社会民主党(SPD)出身。アンゲラ・メルケル首相が率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)とSPDの連立政権で、外相を務めた。

Image copyright AFP
Image caption 新大統領を選出した連邦大会議(12日、ベルリン)

(英語記事 Germany president: Steinmeier chosen by lawmakers

この話題についてさらに読む