高祖母から5代引き継がれた花嫁衣裳、クリーニング店で紛失したが

Tess Newall Image copyright Seth Baines
Image caption 高祖母の花嫁衣装を着て結婚したテス・ニューオルさん

150年前からひとつの家族に伝わるウエディング・ドレスがクリーニング店で紛失してしまったものの、花嫁がソーシャルメディアで協力を求めて呼びかけたところ、店内でくしゃくしゃになっているのが見つかった。

スコットランド・イーストロシアンに住むテス・ニューオルさん(29)は昨年6月、地元でアルフレッドさんと結婚した。その際に祖母の祖母、つまり高祖母が1870年に作って以来、家族に代々伝わるウェディング・ドレスを着ていた。

式を終えたテスさんは9月にエジンバラのクリーニング店に出したものの、10月にその店が倒産閉店してしまい、ドレスの行方が分からなくなってしまった。

ショックを受けたテスさんは、フェイスブックで「このドレスを見つけるのを助けてください!」と呼びかけた

この投稿は20万回以上、共有され、ついには店舗の立つ土地の所有者の親類の目に留まった。この人が店内を調べたところ、「くしゃくしゃになった古いレースのかたまり」が床に放置してあるのを見つけたと、テスさんは10日、フェイスブックに書いた。

Image copyright Seth Baines

テスさんはBBCニュースに、「店のある土地の持ち主から両親に電話がありました。その人たちの甥がドレスのことを知り、店を探してくれたそうです」と話した。「両親は店に直行して、確かにうちのドレスだと大喜びしました。まだクリーニングされていなくて、タグがついたままでした」。

倒産したクリーニング店に対する差し押さえ執行代理人も、11日の店舗捜索に立ち会い、「手続き上」必要だからとドレスをいったんグラスゴー市の事務所に持っていったとテスさん。

「信じられなくて、うちの母親も当惑していたけれど、必ず月曜日には返品するからと言われたそうです」

テスさんは、今後あらためてドレスをクリーニングに出すつもりだが、おそらくロンドンのレース専門店に頼むことになるだろうと話す。

「二度となくなったりしないようなところで」

Image copyright Seth Baines
Image caption 結婚式当日の新婦テス・ニューオールさんと新郎アルフレッドさん

(英語記事 150-year-old wedding dress lost at dry cleaners found

関連リンク

BBCは外部サイトの内容に責任を負いません