サウジ国王のアジア歴訪、荷物459トン 日本にも

サウジアラビアのサルマン国王 Image copyright AFP/Getty Images
Image caption サウジアラビアのサルマン国王

アジアを歴訪中のサウジアラビアのサルマン国王が1日、インドネシアに到着した。世界最大のイスラム教国であるインドネシアを訪れるのは47年ぶり。公式行事にも多くの関心が集まるが、国王のバリへの休暇と持参した高級品も話題になっている。

サルマン国王は、マレーシア、ブルネイ、日本、中国、そしてモルディブなどアジア各国を1カ月間にわたって歴訪する旅の一環としてインドネシアを訪問している。

BBCインドネシアのクリスティーン・フランシスカ記者が、なぜ人々が国王の来訪に魅了されているのか探った。

高級車や大勢の随行員を連れてくる

サルマン国王はインドネシアに459トンの貨物を持ってくる。地元メディアによると、その中にはメルセデス・ベンツS600が2台、電動昇降機2台も含まれる。

国王の貨物の運送を任されている航空運送業者のジャサ・アンカサ・セメスタは、地元メディアのアンタラに対し、貨物のうち63トンはジャカルタで降ろされ、396トンはバリまで持っていくと伝えた。

サルマン国王は随行員として620人のほか、10人の閣僚と25人の王子を含む800人の使節も連れてくる。

すべてを移動するために必要な飛行機は、ジャカルタまでが27機で、バリへは9機だという。

Image copyright AFP
Image caption 2台のメルセデス・ベンツS600も旅の荷物に入っている

国王や国家元首が高級品や大勢の人を連れて他国を訪問するのはよくあることだが、とても贅沢だというインドネシア人もいる。

あるインドネシア人は、ジョコ・ウィドド大統領を例に挙げて、ツイッターで「多くのインドネシア人がサルマン国王の豪華な生活を誇りに思うかもしれないけど、私は我らがジョコ大統領と彼のつつましさをより誇りに思う」と述べた。

めったに来ない

前回サルマン国王がインドネシアを訪問したのは1970年。この時は故ファイサル・ビン・アブドルアジーズ国王が公式訪問し、ジャカルタで当時のスハルト大統領と会談している。

2015年にはジョコ大統領がインドネシアへの投資を促すため、サウジアラビアを訪問している。

インドネシアのプラモノ・アヌン官房長官は先週、報道陣に対し、両国について「とても緊密で固い友好関係だ」と述べた。

Image copyright TWITTER
Image caption ナジブ首相は、「サルマン国王と私のセルフィーです」とコメントを付け、写真をツイッターに投稿した

サルマン国王の歴訪は先月27日、前国王が2006年に訪問したマレーシアから始まった。サルマン国王はナジブ・アブドゥル・ラザク首相とツーショットの写真を撮った。

巨額の資金が落とされる

インドネシア政府はサルマン国王の訪問の最中、およそ250億ドル(約2兆8500億円)の投資が見込まれるとしている。石油会社サウジアラムコ からの60億ドルの投資も含まれている。

サウジアラムコは先月28日、マレーシアの石油会社に対し、70億ドルの投資を行うことで合意した。

サルマン国王のバリ島旅行もインドネシア観光への大きな後押しになると予想されている。

インドネシア最大のイスラム教団体、ナフダトゥル・ウラマーのメンバーで、中東専門家、ズハイリ・ミスラウィ 氏はBBCに対し、「インドネシアにとっては特別な訪問だ」と語った。「経済から文化、観光まで、さまざまなことを話し合うだろう。インドネシアへの投資にどれほど真剣に貢献してくれるかを注視する必要がある」。

一方で条件も

インドネシアに多くの経済的利益をもたらす一方で、サウジアラビアも利益を得ていると専門家は指摘する。

石油依存からの脱却を目指す多角化戦略の一環として、サウジアラビアはイスラム教の聖地メッカへの巡礼サービスに力を入れ始めた。巡礼サービスは石油と天然ガスに続く重要な産業になっている。

Image copyright AFP PHOTO / ADEK BERRY
Image caption イスラム教徒が多数を占める国の中でインドネシアは最も人口が多いが、主流派は穏健で多様だ

ミスラウィ氏は「インドネシアはすでに、メッカへの大巡礼(ハッジ)と小巡礼(ウムラ)の両方で最大の顧客になっている。サウジアラビアは聖地巡礼のためのビザの手数料を増やしたが、それでインドネシア人がメッカに行かなくなるとは思わない」と説明する。

また一部のインドネシア人は、アジア地域のイスラム教国に対するサウジアラビアの宗教的な影響力が強まっていることに対し、懸念を示している。

ミスラウィ氏がその懸念に同意する。

「サウジアラビアが説く穏健なイスラム教というコンセプトを丸のみしないように注意してほしい。サウジアラビアとインドネシアの穏健は、意味が違う。インドネシア政府はそれを分かっていなければならない。サウジアラビアに対し、自分たちのイデオロギーに口を挟まないよう、断固たる態度をとってほしい」

(英語記事 Saudi king visits Indonesia with 'cars and entourage'

この話題についてさらに読む