米共和党がオバマケア代替法案 紆余曲折の24時間

フロリダ州の診察室 Image copyright Getty Images

米共和党は6日夜、前政権時に成立した医療保険制度改革法(オバマケア)の代替法案を発表した。共和党は昨年の選挙でオバマケアの撤廃を約束しており、公約実現に向けた最初の一歩になるのか注目される。

しかし、「米国ヘルスケア法」が発表されてからわずか24時間の間に、共和党内の空気は変化。委員会での議論が始まる前から異論が続出する格好となった。

法案を支持する共和党議員らは、法案は「未完成」だとしているが、7日までに起きたことを考えると、完成までの道のりは、想像以上に厳しいものになる可能性がある。

では、何が起きたのだろうか(時間はすべて米東部時間)。


6日夜 新たな始まり

午後6時5分 ― 共和党が「米国ヘルスケア法」を公表。

午後7時50分 ― ポール・ライアン下院議長は、「団結した共和党政権は、オバマケアで苦しんできた多くの米国民に安堵と安心を与えるだろう」と述べた。トム・プライス厚生長官は、「米国民の悪夢を終わらせる下院の対応を歓迎する」と語った。

Image copyright AP
Image caption 党の団結をライアン議長は期待していたが……

反乱の最初の兆候

午後7時50分 ― 法案の公表前に、共和党の上院議員4人がミッチ・マコネル上院院内総務に書簡を送り、法案がメディケイド(低所得者向け公的医療保険)への政府支出を将来制限することになるとの懸念を伝えていたことが明らかになった。

7日午前1時13分 ― 下院共和党の有力議員グループが法案への「大きな懸念」を示す。ブルームバーグが入手した文書には、「共和党による福祉特権」だと書かれていた。

午前10時26分 ― 保守シンクタンク「ヘリテージ・アクション・フォー・アメリカ」は、「まずい政治である以上に、まずい政策だ」と批判


7日 ― 沈静化狙う政権幹部ら

午前7時13分 ― トランプ大統領は早朝のツイートで下院共和党の法案を「素晴らしい」と呼び、完全に支持すると表明。

Image copyright Twitter
Image caption トランプ大統領は、「我々の新たな素晴らしい『ヘルスケア法』が今から検討され交渉される。オバマケアは完全な大失敗だ。内部崩壊がどんどん進んでいる!」とツイッターでコメント

午後1時55分 ― プライス厚生長官は、法案は「未完成」だとし、「正しい方向」への一歩だと語った。

午後3時53分 ― トランプ大統領はホワイトハウスを訪れた共和党議員らに対し、「ペースを落とすことはできない。待ったり、これ以上言い訳することはできない」と述べた。

午後4時42分 ― ライアン下院議長は、「オバマケアは崩壊しつつある(中略)この法律を撤廃するのは慈善行為だ」と語った。


ガラガラと崩れ始めた

午後2時36分 ― 保守派ウェブサイト「ブライトバート」が「オバマケアの焼き直しは(移民法の)執行を骨抜きにして、身分を偽る不法滞在外国人に医療サービスを提供する」と見出しで記事を掲載。

午後3時8分 ― 幅広い影響力で知られる保守派の評論家アン・コールター氏は法案を、「くず」と表現。

Image copyright Twitter
Image caption コールター氏はツイッターで、「オバマケア代替案のこのくずを書いたのは誰? きちんと説明してほしい」とコメント

午後3時36分 ― ランド・ポール上院議員(ケンタッキー州選出)は、「代替案について意見が分かれているのは認めざるを得ない。(オバマケア)撤廃では団結しているが、代替案では分裂している」と語った。これに先立ち、同議員は法案は「死産だ」と述べていた。

午後3時37分 ― マイク・リー上院議員(ユタ州選出)は法案について、「間違った方向に進んでいる。そして何よりも、失われた機会だ」と語った。


動揺を収めようとする政権

午後5時40分:  CNNテレビによると、トランプ大統領は共和党の下院議員らに、法案を通すことができなければ「大虐殺になる」と警告。

午後7時14分: トランプ氏はさらに、ポール議員をなだめつつ、「偉大な」法案の支持に回るよう要請。

Image copyright Twitter
Image caption トランプ大統領はツイッターで、「私の友人ランド・ポールは新しく偉大な医療保険制度に同意してくれると確信している。なぜならオバマケアが大失敗だったと知っているからだ」とコメント

法案は生き延びるのか――アンソニー・ザーチャー記者

公表されたオバマケアの代替法案を通すのは、バスケットボールのハーフコートシュートを成功させるのと同じくらい大変そうだ。目隠しされた上に、走っている車から。

7年間約束し続けてきたのだから、医療保険制度改革について何かしなくててはならないと、共和党は分かっている。撤廃後に何をすべきかになると、団結は崩れ始める。穏健派は、補償が削減されるのが嫌だと言い、保守派は、現行制度の一部が残っているのが嫌だと言う。支持らしい支持もあるにはあるが、そこに熱意は感じられない。

トランプ大統領はツイッターで、法案はこれから「検討と交渉」が行われるとコメントしたが、さまざまな派閥に分かれた下院共和党幹部らが向いている方向はバラバラで、最終的に法案も崩壊してしまうかもしれない。


(英語記事 A bumpy 24 hours for Trump-backed health bill

この話題についてさらに読む