【ロンドン襲撃】 橋から落下の女性が死亡

Andrei Burnaz and Andreea Cristea
Image caption アンドレア・クリステアさんは、恋人のアンドレイ・ブルナスさんとロンドン観光中に事件に巻き込まれた

3月22日にロンドン中心部の議事堂周辺で起きた襲撃事件で、暴走する車に接触してウェストミンスター橋からテムズ川へ落ちたルーマニア人女性が6日、亡くなった。ロンドン警視庁と家族が明らかにした。ハリド・マスード容疑者が橋の歩道に乗り上げて通行人を次々とはねた後、議事堂前で警官を刺殺した事件による犠牲者は、これで5人になった。

アンドレア・クリステアさん(31)は、恋人のアンドレイ・ブルナスさんとロンドン観光中に事件に巻き込まれた。

クリステアさんの家族は訃報を確認し、「生き続けようと2週間以上闘った後、かけがえのない私たちの愛するアンドレアは、素晴らしい娘で姉妹でパートナーで、友情に篤く、唯一無二で命を誰より愛したアンドレアは、ひどく無情で心無い形で、私たちの元からむごたらしく奪い去られてしまいました」とコメントを発表した。

「私たちの心の中で永遠に輝き続ける、一筋の光として、私たちは彼女を記憶し続けます」と家族は述べ、クリステアさんの治療にあたった医療スタッフの「献身的な努力」に「深く胸打たれ、いつまでも感謝し続ける」と強調した。

その上で家族はさらに、「私たちの心に残された、押しつぶされそうな痛みとむなしさを、言葉にしようがありません」と悲しみをあらわにした。

事件で足を骨折したブルナスさんは先週、ウェストミンスター橋に戻り、事件現場に一輪の白バラを手向けた。

ルーマニアのダン・ミハラチェ駐英大使によると、2人はブルナスさんの誕生祝いにロンドンを訪れており、ブルナスさんは事件当日、クリステアさんに結婚を申し込むつもりだったという。

大使はさらに、マスード容疑者が車でブルナスさんをはねた後、クリステアさんにあたり、衝撃でクリステアさんはテムズ川に落下した様子だと話していた。

ロンドンのサディク・カーン市長は、「アンドレア・クリステアさんの死去を知り、とても悲しんでいる」、「ロンドンの人間は今日、彼女と彼女の愛する人たちに思いを寄せている」とツイートした

Image copyright PA
Image caption 事件で足を骨折したブルナスさんは先週、ウェストミンスター橋に戻り、事件現場に一輪の白バラを供えた。

クリステアさんの回復のための寄付された義援金を、遺族は慈善団体に寄付するつもりだという。

(英語記事 Westminster Bridge attack victim Andreea Cristea dies

この話題についてさらに読む