米サンバーナディーノの小学校で発砲 教師と8歳生徒が死亡

発砲事件のあったノースパーク小学校に集まる警察や救急車(10日、米カリフォルニア州サンバーナディーノ) Image copyright AFP/Getty Images
Image caption 発砲事件のあったノースパーク小学校に集まる警察や救急車(10日、米カリフォルニア州サンバーナディーノ)

米カリフォルニア州サンバーナディーノの小学校で10日午前10時半(日本時間11日午前2時半)ごろ、発砲事件があり、教師と生徒が死亡した。犯人も現場で自殺したという。現場はロサンゼルスから約100キロ東。警察は、犯人が別れた妻と無理心中を図った犯行とみて調べている。

調べによると、セドリック・アンダーソン容疑者(53)は来訪者として銃を隠して学校に入り、生徒15人がいた特殊学級の教室に入った。妻のキャレン・エレイン・スミス教諭を撃って殺害し、近くにいた8歳と9歳の生徒を負傷させた。その1人のジョナサン・マーティネス君(8歳)はヘリで救急搬送されたが病院で死亡した。

地元紙ロサンゼルス・タイムズによると、9歳生徒の容体は安定しているという。

学校はただちに生徒たち約600人を近くの高校に避難させた。

容疑者は発砲した後、自分に銃を向けて死亡したという。ジャロッド・バーグアン警察本部長は、事件発生から間もなく、犯人は「倒れた」、「これ以上の危険性はない」とツイートした。

Image copyright San Bernadino Police
Image caption セドリック・アンダーソン容疑者(右)は別居中の妻のスミスさん(左)と8歳の男の子を殺害した
Image copyright AFP/Getty Images
Image caption Relatives arrive to collect children after they were transferred to Cajon High School
Image caption サンバーナディーノ(San Bernardino)の位置

2015年12月には、同じサンバーナディーノ郡の福祉施設に男女が押し入り、集まっていた郡の医療関係者へ銃を乱射。14人が死亡し、21人が負傷する事件があった。

(英語記事 San Bernardino shooting: Boy, 8, and two adults dead at California primary school

この話題についてさらに読む