ウォール街「雄牛」作家、「恐れ知れずの少女」撤去求める

ウォール街の雄牛と少女 Image copyright Getty Images
Image caption ウォール街の雄牛と少女

ニューヨークのウォール街で有名な「突進する雄牛」像の作者が、今年1月から雄牛の前に設置されて人気を集めている「恐れ知らずの少女」像について、著作権侵害だと不満を表明した。

イタリア出身の芸術家アルトゥロ・ディ・モディカさんは12日に記者会見し、雄牛の前に立つ少女の像が、自分の作品の芸術的意味をゆがめてしまったと主張。弁護士たちは、これは著作権侵害にあたり、損害賠償を求めるつもりだと話している。

「突進する雄牛」像は、1987年の「ブラックマンデー」の株価大暴落に反応して、「米国民の力強さ」を表すものとしてディ・モディカさんが製作。1989年12月の夜中にゲリラ的に証券取引所の前に設置した。市民の人気を集めたため、市当局によって近くの公園に移設され、常設となった。

一方の少女像は今年1月に国際女性デーを記念して、期間限定で雄牛の前に設置された。こちらも人気を集めたため、ニューヨーク市は来年3月まで設置延長を認めた

ディ・モディカさんの弁護士たちは、設置延長を決めた市当局は適切な手続きに従わなかったと主張している。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
ウォール街に果敢な少女の銅像 雄牛と対等に

ディ・モディカ氏は、少女像は芸術作品ではなく、「宣伝トリック」だと主張。少女像の製作と設置には、投資会社と広告会社が関わっている。

芸術家クリステン・ビスバルさん作の像は、資産運用会社ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)が発注した。SSGAは、金融業界をはじめ米国で上位の上場企業に女性役員が少なすぎると周知することが、設置の目的だと説明していた。

ディ・モディカさんは記者会見で、「みんな雄牛が大好きだ」と述べ、少女像によって新たに自分の作品に関心が集まったものの、「否定的」な意見が多いと説明。

時に声を詰まらせながら会見したディ・モディカさんは、「女の子はまるで、『あたしはここにいるの。文句ある?』みたいな態度だ」と不満を漏らした。

Image copyright Getty Images

これに対して、少女像の設置延長を決めたニューヨークのビル・デブラシオ市長はツイッターで、「女性が場所をとるのが嫌だという男性がいるからこそ、この『恐れ知らずの少女』が必要なんだ」と反応した。

(英語記事 Charging Bull artist wants removal of Fearless Girl statue

この話題についてさらに読む