アメリカン航空、乗客とベビーカーめぐる騒動で謝罪 乗務員停職

アメリカン航空は乗務員の態度を「遺憾に思う」と Image copyright AFP
Image caption アメリカン航空は乗務員の態度を「遺憾に思う」と

米サンフランシスコ国際空港で21日、テキサス州ダラス行きのアメリカン航空機591便で、赤ちゃんのベビーカーをめぐり乗客と乗務員が激しく対立する騒ぎがあり、同航空は謝罪し、男性乗務員を職務停止にした。

ベビーカーをめぐり赤ちゃんを抱いた女性乗客ともめた後、別の男性乗客と言い争う男性乗務員の様子を、乗客のスライン・アディアンサヤさんが撮影し、フェイスブックに投稿した。アディアンサヤさんによると、乗務員がベビーカーを強引に取り上げようとしたため、ベビーカーが母親に当たってしまったのだという。乗務員はベビーカーを「乱暴に」母親からひったくり、それが母親に当たり、あやうく赤ちゃんにも当たりそうになったとアディアンサヤさんは話す。

ビデオからは、声を上げて泣き続ける女性乗客の様子を見かねた別の男性乗客が、立ち上がって乗務員を批判したところ、この乗務員が「俺を殴ってみろ! どうだ、やってみろ!」などと繰り返し乗客を挑発する様子が見てとれる。

立ち上がった男性は、ベビーカーを取り上げようとした男性乗務員の名前を教えろと要求。客室に入ってきた同航空の制服を着た男性に向かって、「おいお前、俺にあんな真似してみろ、ぶったたいて気絶させてやるぞ」と強い調子で声をかけた。

これに対して男性乗務員はこの乗客に「口出しするな」、「俺を殴ってみろ! どうだ、やってみろ!」、「何があったのか分かってないくせに」などと反論。乗客は「関係ない。あんたのせいで、赤ちゃんがけがしそうだったんだ」などと批判を重ねた。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
ベビーカーめぐり乗客と乗務員が対立 アメリカン航空

アメリカン航空は、女性乗客と家族に謝罪。「このビデオに映っている様子は、私たちの価値観や、私たちの接客態度を反映するものではありません。この乗客と家族に、そしてこの騒ぎに影響を受けたすべてのお客様に辛い思いをさせてしまったことを、深く謝罪します」とコメントした。

女性乗客と家族は、ダラス行の別便を利用。同航空はファーストクラスにアップグレードしたという。

同社は「私たちがお世話している間、ご家族に必要なことにはすべて対応するよう気を配っている」と説明。「(ビデオで)とらえられたチーム・メンバーの行動は、お客様対応に必要な忍耐と共感という2つの価値観を表しているようには見えません。手短に言って、一連の行動を遺憾に思っています」とコメントした。

米ABCニュースによると、アメリカン航空ではベビーカーは搭乗口で預けることになっている。同社はABCニュースに対して、女性乗客が幅の広いベビーカーで通路をふさいでしまったため、ベビーカーを預けるよう乗務員が女性に指示したところ、女性が泣き出したのだと説明した。

ABCニュースによると、客室乗務員連合は声明を発表し、あらゆる乗客に敬意をもって接する必要があるが、事態の全容が明らかになるまでは拙速な判断は差し控えるべきだとコメントした。

米国の航空会社の接客態度については、ユナイテッド航空が乗客を無理やり引きずりおろしたことが大問題になったばかり。

(英語記事 American Airlines suspends employee after clash over pram

この話題についてさらに読む