英マンチェスター爆発、死者22人に 自爆攻撃と警察

爆発の負傷者は市内周辺8カ所の病院で手当てを受けている Image copyright Goodman/LNP/REX/Shutterstock
Image caption 爆発の負傷者は市内周辺8カ所の病院で手当てを受けている

英マンチェスターで22日夜に起きたコンサート会場での爆発事件による死者は、23日早朝までに22人となった。負傷者は59人。警察は男性1人による自爆攻撃だと発表した。官邸前で声明を読み上げたテリーザ・メイ英首相は、容疑者は治安当局が以前に把握した人物の可能性があると述べた。

マンチェスター・アリーナでの爆発は午後10時33分(日本時間23日午前6時33分)、米歌手アリアナ・グランデさん(23)のコンサートが終わった直後に起きた。グレーター・マンチェスター警察は、実行犯は男性1人で、持っていた即席爆発装置を起爆させて死亡したと明らかにした。

英国内で起きた攻撃としては、52人が死亡した2005年7月7日のロンドン爆弾攻撃以来の死傷者数となった。

犠牲者のうち、学生ジョージーナ・キャランダーさんの名前が最初に公表された。キャランダーさんはイングランド北西部ランカシャーのランショー・コレッジで、保健と社会福祉を学んでいた。

メイ首相は23日朝、ロンドンの首相官邸前で声明を読み上げ、「マンチェスターとこの国の人たちが、冷淡なテロ攻撃の被害に遭ったのは、今や疑いの余地がない」と断定した。首相は攻撃が、「無防備な若者」を標的にしたものだと強く非難した。

首相はさらに、治安当局は容疑者の身元を把握している可能性があるが、確認がまだとれていないと述べた。

グレーター・マンチェスター警察のイアン・ホプキンス本部長は、グレーター・マンチェスター圏で「これほど恐ろしい事件」が起きたのは初めてだと述べ、「素早い捜査」によって、実行犯が「本当に単独犯なのか、ネットワークに属していたのか」の解明を試みていると話した。

英交通警察などによると、爆発はアリーナ建物内のロビーで起きた。BBCのティム・アシュバーン記者が、負傷者の手当てをしたボランティア救急隊員に話しを聞いたところ、負傷者は「金属片によるもののような」けがをしていたという。

爆発はグランデさんのコンサートが終わった時に起きた。グランデさんにけがはなかったようだが、本人は「打ちのめされた。心の底から、本当に、本当に残念。言葉がありません」とツイートした。グランデさんは舞台やテレビ出身の米ポップ歌手で女優。主に10代の若者に人気で、現在は欧州ツアー中。バーミンガム、ダブリンと演奏を重ね、マンチェスターの次は24日と25日にロンドンのO2アリーナに出演する予定。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
爆発が起きた瞬間のコンサート会場内
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
マンチェスター爆発の瞬間 車載カメラが音と光を

マンチェスター・アリーナはマンチェスター・ビクトリア駅に近い。爆発を受けて駅は閉鎖され、列車の運行は休止された。

ロンドンの首相官邸は弔意の半旗を掲げ、24日午前に緊急治安閣僚会議(COBRA)を開いた。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
コンサート直後の英マンチェスター・アリーナで爆発 場内の様子

メイ首相は、6月8日の総選挙に向けた選挙活動を中止し、「犠牲者と影響を受けた人たちの家族のことを思っている」と述べ、事実関係の全容を把握するため関係各省と共に取り組んでいると話した。アンバー・ラッド内相は、「力のない子供たちをわざと狙った、野蛮な攻撃だ」と非難した。

野党・労働党のジェレミー・コービン党首は、「マンチェスターでひどい事件が起きた。影響を受けたすべての人と、素晴らしい救急機関に思いを寄せている」とツイートした。

グレーター・マンチェスター圏のアンディー・バーナム市長は、「愛する人を失った家族の方たちに心から同情する。勇敢な救急機関は尊敬する。この素晴らしい街にとってひどい夜だ」と述べた。市長はその上で、マンチェスターは「これを乗り越える。我々はそういう風にできている。我々はそうするようにできている。連中には勝たせない」と強調した。

中東歴訪中のドナルド・トランプ米大統領は、「美しく罪のない多くの若者が、生きて自分の生活を楽しんでいたのに、あまりに大勢が、凶悪な人生の負け犬たちに殺されてしまった」と非難した。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
10メートル近く吹き飛ばされ マンチェスター爆発

10メートル近く飛ばされた

コンサートを観ていた妻と娘を迎えに行ったアンディー・ホーリーさんはBBCに対して、「待っていたら爆発があり、入り口の近くから別の入り口のところまで、10メートル近く吹き飛ばされた」と話した。

「立ち上がると、あちこちで30人くらいが床に倒れていた。死んでいるように見えた人もいた」

「なので真先に場内に走って、妻と娘を探した。見つからなかったので外に出ると、警察や消防や救急車が来ていて、倒れている人の中に家族がいないか探して回った。結局は2人を見つけて、2人とも無事だった」

「確実に爆発で、かなりの勢いだった。アリーナ入り口のチケット売り場の近くだった」

15歳と17歳の娘を迎えに、夫と会場を訪れたというエマ・ジョンソンさんは、「間違いなく爆弾でした。間違いなく場内のロビーと通路でした」とBBCラジオに話した。

「階段の一番上に立っていたら、ガラスが爆発した。関連商品を売っている場所の近くだった。建物全体が揺れた。まず爆発があって、それから火が一瞬にして噴き出した。あちこちに人が倒れていた」

ミドルスバラから会場に来ていたロバート・テンプキンさん(22)は、「みんな叫びながら走っていた。大勢のコートや携帯電話が床に散らばっていた。みんな色々なものを落してもかまわず走っていた」と話した。

「血を見たと叫んでいる人もいたし、風船が爆発したんだとか、スピーカーが壊れたんだとか言っている人もいた」

現場にいたというジョシュ・エリオットさんはBBCラジオの取材に「バンッて大きい音がして、みんな固まって、悲鳴をあげて。みんなその場で床に伏せた。とんでもない混乱状態で、ひどかった」と話した。

「みんな泣き叫んで(中略)あちこちにパトカーが来ていた」

「何がどうなっているか分からなかったので、ともかくすぐに外に出たかった」

Image copyright Family photo
Image caption オリビア・キャンベルさん(15)はコンサート以来、行方が分かっていない。ほかにも多くの若者の安否を家族や友人が心配している

シャーロット・キャンベルさんの娘オリビアさんは、コンサート以来、行方が分かっていない。

「まだたったの15歳で、ひとりでどこかにいるんです。一緒にいた友達は見つかったので」とキャンベルさんはBBCに話し、「娘を見かけたら連絡してください。あなたの電話を娘に渡して、うちに電話するように言って。帰ってきれくれればそれでいいので」と訴えた。

事件発生の情報が出回りはじめて間もなく、市内の大勢の人が「#RoomForManchester (マンチェスターに部屋)」というハッシュタグを使い、帰宅できなくなった人に部屋を提供する情報をソーシャル・メディアで共有しはじめた。

ツイッターでは、大勢が「#MissingInManchester(マンチェスターで行方不明)」というハッシュタグで、家族や友人の行方を探す投稿が大量に書き込まれている。フェイスブックでは、利用者が家族や友人に自分の安否を連絡できる機能の提供を開始した。

警察は24日午前1時過ぎに会場近くで制御爆発を行った。当初は不審物と思われていたが、警察は不審物ではなかったと明らかにした。

マンチェスター・アリーナは正式名称「MENアリーナ」で、コンサート収容人数1万8000人。

Image copyright Goodman/LNP/REX/Shutterstock
Image caption 負傷者を助ける警察や救急職員
Image copyright Peter Byrne
Image copyright Peter Byrne
Image copyright Peter Byrne
Image copyright Dave Thompson
Image caption マンチェスター・アリーナとビクトリア駅、爆発のあったチケット売り場(緑)
Image copyright Getty Images
Image caption 警察の緊急番号が書かれた「We Love Manchester(マンチェスター大好き)」の看板

(英語記事 Manchester Arena blast: 19 dead and about 50 hurt

この話題についてさらに読む