【マンチェスター攻撃】英警察、米当局との情報交換を停止 メディアへのリーク受け

米紙ニューヨーク・タイムズは、現場で回収された証拠品だとして2点の写真を報道した Image copyright New York Times
Image caption 米紙ニューヨーク・タイムズは、現場で回収された証拠品だとして2点の写真を報道した

英中部マンチェスターのコンサート会場で22日夜に起きた自爆攻撃を捜査する英警察は、米当局との情報交換を停止した。米国のメディアに捜査情報が繰り返しリークされたことに対応した。BBCの取材で明らかになった。

米人気歌手アリアナ・グランデさんのコンサート終了直後に起きた爆弾攻撃では、幼い子供を含む22人が死亡し、64人が負傷した。負傷者のうち20人が重体となっている。

英当局は、現場で回収された証拠品のものとされる写真が米紙ニューヨーク・タイムズに掲載されたことに、激怒していた。

これに先立ち、実行犯とされるサルマン・アベディ容疑者(22)の名前が、攻撃の数時間後に米メディアにリークされたことも明らかになっていた。

テリーザ・メイ英首相は、25日に開かれる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で、ドナルド・トランプ米大統領に情報漏洩(ろうえい)への懸念を伝える意向だ。

BBCの取材では、グレーター・マンチェスター警察は、米国との通常の情報交換を早期に再開したい考えだが、現時点では「激しく立腹している」という。

BBCのゴードン・コレラ安全保障担当編集委員は、英当局は、情報をリークしたのは米国の法執行機関ではなく、ホワイトハウスだとみていると語った。

英政府筋は、今回の捜査過程で2回目となったニューヨーク・タイムズ紙へのリークについて、「(これまでのものとは)別の次元」だとし、政府全体に「信じられないという思いと驚愕(きょうがく)」が広がっていると述べた。

グレーター・マンチェスター圏のアンディー・バーナム市長は、捜査情報のリークについて駐英米国大使に問題を指摘したという。

実行犯とされるサルマン・アベディ容疑者の名前も、当初は米国側が米メディアに情報を提供した。これについてアンバー・ ラッド内相は、米政府に対して不満をあらわにし、「二度とあってはならない」と伝えたと明らかにしていた。

過去の捜査に関連して対テロ捜査官らは、捜査対象者の名前を市民に公開する時期を36時間遅らせることで、容疑者と関係する人物を事前情報なく拘束できるようにしていると語っていた。

(英語記事 Manchester attack: Police 'not sharing information with US'

この話題についてさらに読む