差別暴言と乗客死傷、容疑者は法廷で怒鳴り続け 米西岸

法廷で怒鳴り続けたクリスチャン容疑者 Image copyright Reuters
Image caption 法廷で怒鳴り続けたクリスチャン容疑者

米西岸北部オレゴン州ポートランドの通勤列車で、ムスリム(イスラム教徒)の少女2人に差別的暴言を吐き、制止しようとした乗客3人を死傷した疑いで逮捕された容疑者が29日、法廷で「アメリカの敵は死ね」、「自由がいやなら出ていけ」などと叫んだ。

事件は26日午前、ジェレミー・クリスチャン容疑者(35)が通勤列車で16歳と17歳の女性に向かって、イスラム教徒への差別的暴言を浴びせ続けることで始まった。容疑者と女性たちの間に、タリーシン・ムルジン・ナムカイ・メシェさん(23)とリッキー・ジョン・ベストさん(53)、マイカ・デイビッド・コール・フレッチャーさん(21)が割って入ったところ、容疑者に刺された。ナムカイ・メシェさんとベストさんは死亡し、フレッチャーさんは重傷を負った。

容疑者は現場から逃走したが間もなく逮捕された。29日にマルトノマ郡巡回裁判所に出廷し、殺人、殺人未遂、威圧、武器の所持などの疑いで訴追されたが、罪状認否には答えなかった。

その代わりに容疑者は、「お前らはテロと言うが、自分にとっては愛国だ」、「アメリカの敵に死を」などと怒鳴った。さらに、「言論の自由だ。俺たちの自由がいやならこの国を出て行け。アンティファに死を」と叫んだ。「アンティファ」とは「anti-fascist」の略で、「反ファシスト運動」を意味する略語。

容疑者に首を刺されて重傷を負ったマイカ・フレッチャーさんはこの日、傍聴席にいた。

Image copyright Vajra Alaya-Maitreya
Image caption 暴言を浴びせられている少女たちを助けようとして刺殺された、リッキー・ベストさん(左)とタリーシン・ムルジン・ナムカイ・メシェさん

友人と容疑者に暴言を浴びせられたデスティニー・マンガムさん(16)は、地元テレビ局KPTVに対して、友人はイスラム教徒にとって神聖な「ラマダン」初日だったのでヒジャブでかぶっていたと説明。それが容疑者の目に止まり、「サウジアラビアに帰れと言われた」のだという。

「私たちはここにいちゃいけない、自分の国から出て行けと言われた。基本的に私たちは意味のない存在で、自分で自分を殺してしまえとも言われた」

死亡したナムカイ・メシェさんは昨年大学を卒業し、環境コンサルタント会社でインターンとして働き始めたところだった。経済学を修め、指導教授によると「ほかの人たちが世界をどう見ているか知りたい」ので、イスラム教の入門講座も受講していたという。

ベストさんは2012年まで23年間、米陸軍に勤めた退役兵で、2015年からはポートランド市役所で働いていた。ベストさんには子供が4人いる。長男のエリック・ベストさんはCBSニュースに対して、自分の父親が何をしたか知らされて、驚かなかったと話した。

重傷を負ったマイカ・フレッチャーさんは、ムスリム米国人を含む少数派が経験する差別について詩を書き、2013年にコンテストで優勝している。「だっていったい、どこまでが予防でどこからが保護なんだ?」と自作の詩を朗読する姿は、YouTubeで見ることができる。

事件以来、被害者たちのために義援金を集める様々なサイトが立ち上がり、これまでに100万ドル(約1億1000万円)以上が集まっている。

ナムカイ・メシェさんの母、アシャ・デリバランスさんはドナルド・トランプ米大統領に宛てた公開書簡をフェイスブックに投稿し、「行動を起こす」よう求めた。

「あなたの言葉と行動は、ここアメリカと世界中で、意味をもつのです」

「お願いです。すべてのアメリカ人に、お互いを守り、見守るよう呼びかけてください。ヘイトスピーチ(憎悪表現)やヘイト(憎悪)団体のせいで起きる、すべての暴力行為を非難してください」

「そのためにご自分の指導力を活用してください。祈っています」

地元紙記者著名ジャーナリストなど大勢がトランプ大統領に事件についてコメントを求めるなか、ツイッターの大統領公式アカウントは29日、このような攻撃は「容認できない。被害者たちは憎しみと不寛容に立ち向かっていた」とツイートした。トランプ氏の個人アカウントは、事件に言及していない。

「表現の自由」集会

Image copyright Portland Mercury/ Doug Brown
Image caption 4月の極右集会で撮影された容疑者

クリスチャン容疑者は、ポートランドで4月29日に開かれた「表現の自由」集会に参加したことが映像記録などから分かっている。容疑者は当時、集会に抗議するリベラル派の人たちをバットで脅したとして、警察にバットを没収された。

星条旗をマントのように羽織っていた容疑者は、ナチス式敬礼をしたり、人種差別的な暴言を繰り返したりする姿も撮影されている。

フェイスブックでは、1995年のオクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件の主犯ティム・マクベイ元死刑囚(2001年に刑執行)を称賛し、ヒラリー・クリントン氏に対する殺害予告を投稿していた。

さらに容疑者はフェイスブックで、「もしドナルド・トランプがヒットラーの再来なら、俺はあの人の親衛隊に入る」と書いていた。

容疑者はさらに、昨年の大統領選で民主党候補指名をクリントン氏と争ったバーニー・サンダース上院議員も支持していた。

地元紙オレゴニアンによると、容疑者は2002年、強盗と小売店店長を誘拐した罪で有罪となっている。2010年には窃盗罪と、元服役囚には禁止されている銃器を所持していた罪で訴追された。

捜査関係者は、容疑者の過激思想について背景を調べているという。

ポートランドのテッド・ウィーラー市長は、大統領のツイートを歓迎する一方で、市内で今週末に予定されている「トランプ表現の自由集会」について、連邦政府に開催許可を撤回するよう呼びかけている。

市長は集会主催者が「憎しみのメッセージで金儲けしようと」していると批判。米国憲法はヘイトスピーチの権利を保障していないと、市長は主張している。

集会主催者はフェイスブックページでは、「西岸で最もリベラルな場所の一つ」でトランプ氏に「感謝する」とイベントだと書いている。音楽の生演奏や演説が予定されているという。

ウィーラー市長はさらに、6月10日に市内で予定される「反シャリア行進」の開催許可も撤回するよう連邦政府に要請した。「反シャリア」とは、米国の保守派の間で「反イスラム教徒」の意味で使われることが多い。

「私たちの街は喪に服している。住民は本当に怒っている。ただでさえ難しい状態になっているこの街で、こうしたタイミングとテーマで集会を開けば、事態は悪化するしかない」と市長は述べた。

保守系の人権団体「全米公民権組合(ACRU)」は市長を批判し、「抗議する参加者の視点を理由に政府が、集会の許可を撤回したり認めなかったりするのは許されない」とツイートした。

Image copyright Reuters
Image caption 事件現場の壁には住民が思い思いに、「勇気をありがとう」、「平和!」、「愛が勝つ!」、「こんなことで立ち止まらない」などとメッセージを書いている

(英語記事 Portland stabbing: Jeremy Joseph Christian appears in court

この話題についてさらに読む