【ロンドン攻撃】 死者8人に 「美しい娘」「他人を助けようとしたきょうだい」

左上から時計回りに、クリシー・アーチボルドさん、セバスティアン・ベランジェさん、カースティー・ボーデンさん、イグナシオ・エシェベリアさん、サラ・ゼレナクさん、グザビエ・トマスさん、アレクサンドル・ピジェアールさん、ジェイムズ・マクムランさん
Image caption 左上から時計回りに、クリシー・アーチボルドさん、セバスティアン・ベランジェさん、カースティー・ボーデンさん、イグナシオ・エシェベリアさん、サラ・ゼレナクさん、グザビエ・トマスさん、アレクサンドル・ピジェアールさん、ジェイムズ・マクムランさん

ロンドン中心部のロンドン橋とバラ・マーケットを3人の男が襲った3日夜の攻撃による犠牲者は、7日現在で8人に増えた。8人全員の名前が発表された。

オーストラリア人のサラ・ゼレナクさん(21)はロンドンでオペア(海外の家庭に滞在し家事育児などを手伝う仕事)として働き、2人の幼い男の子の面倒を見ていた。遺族は、「悲劇的な死を深く悲しんでいる」とコメントした。

ゼレナクさんのおばは、「親しみやすい素敵な女の子で、思いやり深い特別な存在だった」と話した。

3日夜にはもともと子供たちの面倒を見る予定だったのが、男の子たちの祖母が代役を務めたため、ゼレナクさんは友人たちと外出できたのだという。

Image caption オーストラリア人のサラ・ゼレナク さんはロンドンで働いていた

ロンドン警視庁は7日、フランス人グザビエ ・トマスさん(45)の遺体をテムズ川を発見したと発表した。6日午後7時44分にテムズ川ライムハウス付近から引き揚げたという。

攻撃当時、トマスさんは恋人のクリスティーン・デルクロさんと一緒に橋を歩いて渡っていた。デルクロさんは重傷を負った。

トマスさんは、実行犯たちの白いワゴン車にはねられ、川に落ちたとみられている。

警察はトマスさんの近親者に遺体発見を伝えたが、正式な身元確認はこれからだという。

Image caption グザビエ・トマスさんは攻撃当時ロンドン橋におり、行方不明者リストに名前が記載されていた
Image caption バラ・マーケット(Borough Market)、ロンドン橋(London Bridge)、ライムハウス(Limehouse)
Image copyright Family handout
Image caption イグナシオ・エシェベリアさん

スペイン首相は、女性を助けようとスケートボードで応戦し、亡くなったイグナシオ・エシェベリアさん(39)に市民功労勲章 を追贈すべきだと述べた。

エシェベリアさんはマドリード出身で、ロンドンの投資銀行HSBCで働いていた。

マドリード出身のエシェベリアさんについて父ホアキンさんは、「誰かをスケートボードで守った後、歩道に倒れている」姿を友人が見たと話している。きょうだいのイサベルさんはソーシャルメディアで、「イグナシオはテロリストを止めようとして、ほかの人を助けようとして命を落とした」と書いた。

Image copyright PA
Image caption セバスティアン・ベランジェさ

フランス人セバスチャン ・ベランジェさん(36)も、犠牲になった。

ベランジェさんはバンク近くのフランス料理屋コック・ダルジャンで働いていた。攻撃の前には友人たちとサッカーのチャンピオンズ・リーグ決勝戦を近くのパブで見ていた。

恋人の姉妹によると、ベランジェさんたちは攻撃の直前にパブを出たという。

「ワゴン車が歩道に乗り上げた時は、事故だと思ったけれども、大勢が悲鳴を上げながら走って、ナイフを持った男が襲っているのを見た。すぐ前にいた女性が刺され、セバスティアンの友人が血まみれになって、みんなパニックした。走れって叫んだ」

Image caption カースティー・ボーデンさん

オーストラリア出身のカースティ・ボーデンさん(28)はロンドンのガイズ・アンド・セントトマス病院で働くベテラン看護師だった。

遺族は、ボーデンさんがロンドン橋で刺された被害者を助けに走って行ったようだと話している。「快活で優しく、思いやり深い」カースティさんをしのび、「カースティーの勇敢な行動を本当に誇りに思っています。あの夜だけでなく一生を通じて、いかに他人思いで優しく勇敢だったか、表しているので」とコメントを発表した。

勤務先の病院は、ボーデンさんが「非常に優れた看護師で、回復治療室の大切なスタッフだった。同僚たちは、担当患者のために常に最善の限りを尽くした『百万人に一人』の優秀な看護師だったと称えている」とコメントした。

Image caption ジェイムズ・マクムランさん

ロンドン東部ハックニー在住のジェイムズ・マクムランさん(32)の家族は、マクムランさんが3日夜から行方不明で、現場に倒れていた遺体がマクムランさんの銀行カードを所持していたことから、死亡したようだと明らかにした。

きょうだいのメリッサさんは、「私たちの苦しみは決して消えません。しかし、私たちを滅ぼそうとする連中に真っ向から反対する形で生き続けるのが大事です。そして、憎しみは心の狭い者が逃げ込むところで、憎しみは憎しみしか生まないと忘れずにいなくてはなりません」とコメント。「あの晩、ジェイムズと一緒にいた友人たちは、彼がいかに優しく思いやり深い友人だったかをみんなに知ってもらいたいと話しています」と述べた。

Image copyright Family handout
Image caption アレクサンドル・ピジェアールさん

フランス・ノルマンディー出身でロンドン在住のアレクサンドル・ピジェアールさん(26)は、バラ・マーケットにあるレストランの外で勤務中に刺された。レストランでは9カ月前から働いていたという。

家族は「アレクサンドルは素晴らしい息子、非の打ちどころのないお兄さん、輝くような青年で、幸運にも彼と知り合うことができた全員にとても愛されていました」とコメントを発表した。

「友人全員が、優しさとユーモアと心の広さをほめている」

Image copyright Reuters
Image caption カナダ出身のクリシー・アーチボルドさん

最初に身元が公表された犠牲者は、カナダ人クリシー・アーチボルドさんだった。欧州に移住するまでホームレス施設で働いていたアーチボルドさんは、婚約者の腕の中でロンドン橋で亡くなった。

家族は「どんな人も受け入れた。すべての人に価値があり、尊敬されるべきだと強く信じていた。自分の死につながった冷淡な残酷を、彼女は理解できなかったはずです」とコメントを発表し、「彼女を称えるため、皆さんのコミュニティーをより良い場所にしてください。時間や労力、あるいはお金をホームレス・シェルターに寄付してください。クリシーに行くように言われたと伝えてください」と呼びかけた。

カナダのジャスティン・トルドー首相は、カナダ人の犠牲を「強く悲しんでいる」とコメントした。

英国民保健サービス(NHS)イングランドによると、29人の被害者が依然としてロンドン市内の病院で治療中で、そのうち10人が危篤状態だという。

「父親のしたことをいつか娘に言わなくては」

Image copyright Unknown/Met Police
Image caption 左から、ロンドン攻撃のクラム・バット容疑者、ラシード・レドゥアン容疑者、ユセフ・ザグバ容疑者

警察はこれまでに、実行犯3人はロンドン東部在住だったモロッコ系イタリア人のユセフ・ザグバ容疑者(22)、ロンドンのバーキング在住 だったクラム・バット容疑者(27)、同じくバーキング在住だったラシード・レドゥアン容疑者(30)だと公表している。

3人はロンドン橋で歩行者に車で突っ込み、橋の上やバラ・マーケットで無差別に刃物で襲撃した 。

レドゥアン容疑者の元妻チャリース・オリアリーさんは、同容疑者の行動に「非常にショックを受けており、悲しみ、呆然としている」と話した。

「娘に将来いつか、父親がなぜあのようなことをしたのか、どうにかして説明しなくては。そう思いながらこれから娘を育てなければならない」

ザグバ容疑者の母親は、イタリア・ボローニャの自宅でBBCに対し、息子が英国で過激化したと思うと語った。

ザグバ容疑者はイタリアでは当局に監視されていた、なぜ英国ではそうなっていなかったのかと、母親は疑問を口にした。

イタリアの捜査筋はBBCに対し、ザグバ容疑者が監視リストに含まれていたと確認した。イタリアの監視リストは英国など多数の国が共有している。

2016年3月にはイタリアの警官がボローニャ空港でザグバ容疑者を足止めし、携帯電話にIS関連のデータが入っていることを発見した。容疑者はそこで、イスタンブールへの渡航を阻止された。

同容疑者は起訴されなかったが 、事件に関わる可能性のある人物の詳細情報が含まれる、欧州全土を対象にした「シェンゲン情報システム」に登録されたという。

BBCのダニー・ショウ内政担当記者は、ザグバ容疑者が英国に入国した際に、シェンゲン・システムが自動的に入国審査官に注意喚起したはずだと指摘する。

「未確認情報によると、ザグバ容疑者が1月にスタンステッド 空港に到着した際、実際に注意喚起が作動したのだが、入国管理局職員はそれでも容疑者を入国させてしまったようだ」

Image caption 警察は東ロンドンのイルフォード でも30歳男性を逮捕した

警察は7日早朝、ロンドン 東部イルフォードの住宅を強制捜査し、テロ容疑で30歳男性を拘束した。

警察はさらに同日夜、イルフォードで27歳と29歳の男性2人をテロ準備容疑で逮捕した。

6日には、捜査に関連してバーキングで27歳男性を逮捕している。

アイルランド・リムリックでは6日、レドゥアン容疑者の名前の身分証明書が発見されたことに関連し、男性が逮捕された。この男性は不起訴で釈放されている。

またアイルランド警察によると、6日夜に30代の別の男性も、レドゥアン容疑者に関連して逮捕された。この男は現在、ウェックスフォード で拘束されている。

(英語記事 London attack: Family pays tribute to 'beautiful daughter'

この話題についてさらに読む