安全祈願で飛行機エンジンに小銭を……5時間遅れ

上海浦東国際空港(資料写真) Image copyright Getty Images
Image caption 上海浦東国際空港(資料写真)

上海浦東国際空港で27日、80歳の女性が安全祈願として小銭を飛行機のエンジンに投げ入れたため、フライトが5時間以上遅れる事態になった。中国南方航空が確認した。

女性は搭乗するため飛行機に近づいた際に、9枚の小銭をエンジンに向かって投げた。警察には、「安全を祈るため」と説明したという。9枚のうち実際にエンジンに入ったのは1枚だったが、乗客150人は降機させられ、出発は5時間以上遅れた。

女性の行動を不審に思った他の乗客が係員に連絡したことから、警察が呼ばれた。

地元報道によると、女性は夫と娘と義理の息子と一緒に移動していたという。

Image copyright @flightorg/Twitter
Image caption 中国南方航空の係員がエンジンに入れられた小銭を探す様子のツイート

中国南方航空はSNS「微博」で、「フライトの安全性を確保するため、中国南方航空の整備担当は、エンジンをくまなく調べた」と発表した。

調べによると、エンジンに入った小銭は1.7元(約28円)相当。

「捜査の結果、『チョウ』という姓の女性は、安全祈願のために小銭を投げ入れたと話している。女性の隣人によると、チョウさんは仏教徒だという」と警察は発表した。

最終的に機体の安全が確認され、予定より5時間以上遅れて午後5時52分に出発した。

騒ぎの情報は「微博」でかなりの話題になり、利用者の一人は「おばあちゃん、これはカメのいるお祈りの噴水じゃないの」と書いた。

中国南方航空は後に、乗客は航空法規に従い、他の乗客の安全を損なうような行動は避けるよう呼びかけた。

(英語記事 Coins thrown into plane engine by elderly passenger for 'luck'

この話題についてさらに読む