北朝鮮、ICBMの発射実験に成功と発表

北朝鮮のミサイル発射を伝える日本のテレビニュースを見る歩行者(4日、東京) Image copyright EPA
Image caption 北朝鮮のミサイル発射を伝える日本のテレビニュースを見る歩行者(4日、東京)

北朝鮮は4日、国営の朝鮮中央テレビを通じて、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に成功したと発表した。

北朝鮮は同日午前9時40分ごろ、弾道ミサイルを日本の方向に発射した。

米国本土に到達できる飛行距離を持つ可能性があるICBMの発射実験に成功したと北朝鮮が主張するのは、今回が初めて。

北朝鮮は最近、ミサイル発射実験を頻繁に実施するようになっており、国際社会の懸念が高まっている。

朝鮮中央テレビは、金正恩・朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと、ICBM「火星14」を発射したと伝えた。ミサイルの飛行距離は933キロで、高度は2802キロに達したという。海上の標的に命中させたと、同テレビは説明している。

これに先立ち米太平洋軍司令本部は、中距離弾道ミサイルだと見方を示していた。

専門家らは、北朝鮮がミサイル技術を高めているようではあるものの、ICBMを正確に標的に到達させたり、核弾頭をICBMに搭載できる大きさまで小さくしたりする技術は持っていないと考えている。

(英語記事 North Korea hails 'successful ICBM' test

この話題についてさらに読む