英保守党議員、6番目の子供に「シクスタス」と命名 SNSで公表

ジェイコブ・リース=モグ議員と生まれたばかりの息子シクスタスちゃん Image copyright Instagram/Jacob Rees-Mogg
Image caption ジェイコブ・リース=モグ議員と生まれたばかりの息子シクスタスちゃん

英保守党のジェイコブ・リース=モグ議員(48)は5日、第6子の誕生をインスタグラムで発表した。ヘレナ夫人との間に生まれた男の子は、「シクタス・ドミニク・ボニフェイス・クリストファー」と名付けられたという。

ソーシャルメディアでは、古風で珍しい名前に注目が集まった。

ギリシャ語やラテン語で「磨かれた」を意味する「Sixtus」は、ラテン語で「6番目」を意味する「sextus」とは異なる。「シクスタス」の名前はこれまで5人のローマ法王が使ってきた。1585~90年に在位したシクスタス5世が、最も最近。

リース=モグ議員は、「ヘレナと私は、シクスタス・ドミニク・ボニフェイス・クリストファーの誕生を喜んでお知らせします。ピーター、メアリー、トマス、アンセルム、アルフレッドの弟です」とインスタグラムに書いた。

議員のほかの子供たちのフルネームは、「アルフレッド・ウルフリック・レイソン・ピウス・リース=モグ」、「トマス・ウェントワース・サマセット・ダンスタン・リース=モグ」、「ピーター・シオドア・アルフェジ・リース=モグ」、「アンセルム・チャールズ・フィッツウィリアム・リース=モグ」、「メアリー・アン・チャーロット・エマ・リース=モグ」。

Image copyright Instagram/Jacob Rees-Mogg
Image caption リース=モグ議員はこれまでも、家族写真をインスタグラムに投稿している
Image copyright Instagram/Jacob Rees-Mogg
Image caption こちらの写真は総選挙中のもの
Image copyright Instagram/Jacob Rees-Mogg
Image caption 労働党支持のタトゥー・ピアス店の前で息子とポーズをとった議員は、「我々はよその店にいかないと」と写真にキャプションをつけた。店頭のポスターには「正気を保て。保守党に入れるな」と書いてある

イングランド南西部の北東サマセット選挙区選出の同議員は、インスタグラムを使い始めたばかりだが、すでにカルト的人気を獲得。フェイスブックには議員の投稿に反応する専門のまとめページが多数ある。

「ソーシャルメディアに遅れてやって参加したところ、非常に面白い」と議員は最近、BBCに話していた。

「楽しい写真をいくつか載せた。(ソーシャルメディアの)不快な話をよく耳にするけれども、もっと気軽で明るい側面もあるのは心強い」

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
リース=モグ議員はブレグジットについて昨年暮れにBBC番組で話していた

(英語記事 Jacob Rees-Mogg announces baby Sixtus

この話題についてさらに読む