米USTR、韓国とのFTA再交渉を要求

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領(写真左)は先月、ワシントンを訪問した Image copyright AFP/Getty
Image caption 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領(写真左)は先月、ワシントンを訪問した

米通商代表部(USTR)は12日、韓国に対しオバマ前政権時の2012年に発効した自由貿易協定(FTA)の再交渉を要求したと発表した。USTRは増大する対韓貿易赤字を理由に挙げた。

保護主義的な政策を掲げるドナルド・トランプ大統領は、カナダとメキシコとの北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を要求し、鉄鋼などの輸入品に対する関税引き上げを警告するなどしている。

トランプ大統領は今年1月に環太平洋経済連携協定(TPP)からの脱退を決めた。

韓国は米国にとって主要な貿易相手の一つで、昨年の貿易規模は1446億ドル(約16兆4000億円)に上っている。

12年の発効時には過去16年間で最も重要な貿易協定とされた米韓FTAについて、当時のオバマ政権は米企業の成長を後押しすると主張していた。

しかし、韓国向け輸出額は423億ドルと、発効前と比較して3%近く減少。同時期に韓国からの輸入額は約23%増加した。

ロバート・ライトハイザーUSTA代表は発表文で、「我々はもっとうまくできるし、そうしなくてはならない」と述べた。

昨年の米国の対韓貿易・サービス収支は約170億ドルの赤字だった。一方で、サービス収支は黒字だった。

USTRは発表文で、韓国は「重要な同盟国で、大切な貿易パートナー」だとしたが、「相当な貿易赤字額に大きな懸念がある」と述べた。

トランプ大統領は今年4月のインタビューで、より単刀直入に、米韓FTAが「散々な取引」で「一方的」だと語っていた。

USTRは30日以内の2国間協議の開始を要求した。

韓国側の反応は現時点で得られていない。

(英語記事 US to renegotiate Korea trade deal

この話題についてさらに読む