豪上院議員が辞職表明、二重国籍判明で 先週末から二人目

連邦議会の議場内で授乳するウォーターズ議員(今年5月) Image copyright Reuters
Image caption 連邦議会の議場内で授乳するウォーターズ議員(今年5月)

オーストラリア緑の党のラリッサ・ウォーターズ上院議員は18日、二重国籍を理由に議員辞職を表明した。先週末にも、同じ緑の党のスコット・ラドラム上院議員が二重国籍のために辞職している。

オーストラリア憲法は、複数の国籍を持ちながら連邦レベルの公職に就くことを禁じている。

ウォーターズ議員は、生まれたカナダの国籍を保持していたことが明らかになった。ウォーターズ議員は今年5月、連邦議会の議場内で授乳した初めての母親となり話題を集めた。

18日に記者会見を開いたウォーターズ議員は、「うっかりミス」だったと語った。ラドラム議員の二重国籍問題が浮上した後に自らの国籍について知ったという。

ウォーターズ議員は「カナダで70年前から存在する法律のために、生まれたカナダの二重国籍があり、私が生まれた1週間後に法律が改正されたために、能動的にカナダ国籍を放棄する必要があったと知って、強く打ちのめされた」と語った。

ウォーターズ議員は2011年から議員を務めていた。

ウォーターズ議員と共に緑の党の共同副党首を務めていたラドラム氏はニュージーランド生まれで、3歳の時に家族と共に渡豪した。

ラドラム氏は10代の時にオーストラリア国籍を取得した際に、ニュージーランド国籍を放棄したと思っていたと語った。

(英語記事 Second Australian senator quits over dual citizenship