北朝鮮の体制転覆を求めていない=米国務長官

北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長 Image copyright Reuters
Image caption 北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長

米国のレックス・ティラーソン国務長官は1日、国務省で記者会見し、北朝鮮の体制転換を求めていないと表明した。

ティラーソン長官は「我々はあなた方の敵ではない」と述べ、どこかの時点で対話をしたい考えも示した。

「我々は体制転換を求めておらず、体制の崩壊を求めておらず、半島の再統一の加速を求めておらず、38度線の北側に米軍を送る口実を求めていない」

「我々はあなた方の敵でなく、あなた方の脅威でもないが、あなた方は我々を受け入れがたい脅威にさらしており、我々は対応しなくてはならない」

北朝鮮は先月28日に、国連安保理決議に違反する形で2回目となる大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を実施した。金正恩・朝鮮労働党委員長が発射実験に立ち会った。

トランプ大統領は、北朝鮮と最も緊密な経済関係を持つ中国が北朝鮮の核・ミサイル開発を止める努力を十分していないとして、中国を繰り返し批判してきた。

しかし、ティラーソン長官はより外交的なアプローチをとり、「現在の状況の責任は北朝鮮のみが負う」と述べた。一方で、「しかし、この重要な経済活動があるために、ほかの誰にもできないような形で、北朝鮮の体制に影響力を行使できる特別で際立った関係を中国は持っていると我々は考えている」とも述べた。

一方、与党・共和党のリンジー・グレアム上院議員は同日、北朝鮮が米国を射程距離内にするICBMの開発を続けるなら両国間で戦争が起きると、ドナルド・トランプ大統領が語っていたと述べた。

米NBCテレビに出演したグレアム議員は会話内容に触れた上で、「彼(トランプ大統領)は私にそう言った。本当だと思う」と語った。

「(北朝鮮を)阻止するための戦争がもし起きるなら、あちら(北朝鮮)で起きるだろう。もし多くの死者が出るとしたら、それはあちらだろう。彼(トランプ大統領)は私の前でそう言った」

Image caption 北朝鮮のミサイルの射程距離。①火星(ファソン)1000キロ、②ノドン1300キロ、③ムスダン3500キロ、④火星‐14 6700キロ、⑤まだ実験されていない「KN-08」1万1500キロ

(英語記事 North Korea: US not seeking regime change, says Rex Tillerson

この話題についてさらに読む