独議事堂前でナチス敬礼 中国人観光客2人逮捕

ベルリンの連邦議会議事堂 Image copyright Reuters
Image caption ベルリンの連邦議会議事堂

ベルリンで5日、連邦議会議事堂前でナチス式敬礼をしていた中国人観光客2人が逮捕された。ドイツではナチスやヒトラーを想起させる憎悪発言(ヘイトスピーチ)や図画・シンボルなどの使用を、法律で厳しく制限している。

36歳と49歳の男性2人はそれぞれ500ユーロ(約6万5000円)の保釈金を払い、釈放された。警察によると、有罪となれば最長3年の禁錮刑が科せられる可能性もある。

同様の処分は通常、極右団体の関係者に対して適用されることが多い。

警察報道官はAFP通信に対して、捜査中でも男性2人は出国が認められる上、罰金刑になったとしても、すでに払った保釈金でそれに充当することができるだろうと話した。

男性たちは、議事堂前でナチス式敬礼をしながら携帯電話でお互いの姿を記念撮影していたという。

(英語記事 Chinese tourists arrested for Hitler salute in Germany

この話題についてさらに読む