イラク・バグダッド、熱波で50度予報 公務員は休業

バグダッドでは氷屋が大繁盛している Image copyright EPA
Image caption バグダッドでは氷屋が大繁盛している

熱波による猛烈な高温に襲われているイラクでハイデル・アル・アバディ首相は10日、高温を理由に全政府職員に1日休業を命じた。

天気予報では、10日午後のバグダッドは最高50度を記録する見通し。同様にバスラやモスルでも、熱波が予想されている。

極端な気温上昇に伴う電力不足で、民家や事業所が冷房を使えなくなる恐れがある。

中近東地域一帯で記録的な猛暑が続いており、欧州の一部も熱波の影響を受けている。

専門家たちは、気候変動の影響を食い止める手を打たなければ、2100年までに欧州で毎年5万2000人が異常気象で命を落とすおそれがあると警告している。

(英語記事 Iraqi government staff told to down tools in heatwave

この話題についてさらに読む