火事から救出の子豚たち ソーセージとなって助けた消防士たちに

The piglets and sows at the farm in Milton Lilbourne
Image caption 農場オーナーは、子豚18匹と雌豚2匹を「ペットとして飼うわけにはいかない」と

英南西部ウィルトシャーの農場で火事から助け出された子豚と大人の豚が半年後、助けた消防士たちにソーセージとして贈られていたことが分かった。

ウィルトシャーのミルトン・リルボーンで今年2月、レイチェル・リバースさんの農場の納屋で火事が発生し、わら60トンが燃えた。納屋にいた雌豚2匹と子豚18匹は、地元ピュージーの消防士たちに救出された。

それから半年たった今月、リバースさんは豚たちを食肉として処理し、ソーセージに加工して、消防署にプレゼントとして送り届けた。

リバースさんは「菜食主義の人たちはすごく嫌がるはず」と話す。消防士たちはバーベキューでソーセージを楽しみ、「最高だった」、「おすすめだ」と称賛した。

Image copyright Pewsey Fire Station
Image caption ピュージー消防署の消防士たちは、プレゼントのソーセージをバーベキューで楽しんだ

「消防士たちに感謝したかった。火事の当時、ソーセージを持っていくからと約束したし、みんな喜んでいた」とリバースさん。「うちは農場なので、こういうことをするわけです。ペットとして飼うわけにはいかない」。

消防士たちは、プレゼントされたソーセージは「実におすすめだ」と語った。

ドーセット・ウィルトシャー消防救助消防局の報道官は、「農場主の厚意に感謝する。嘘をつくわけにはいかない。ソーセージは最高だった」とコメントした。

Image copyright Pewsey Fire Station
Image caption 農場では今年2月、電気系統の故障でわら60トンが燃えた

(英語記事 Rescued piglets served up as sausages to firefighters