日本政府、北朝鮮の「微笑外交」に警鐘

Kim Jong-un Image copyright Getty Images
Image caption 北朝鮮は今月、韓国との閣僚級協議を再開した

日本の河野太郎外相は16日午前(日本時間17日未明)、カナダ・バンクーバーで開かれた北朝鮮問題に関する外相会合で、北朝鮮による最近の「微笑外交」が目くらましになってはならないと警告し、南北対話が制裁緩和につながってはならないと強調した。

米国とカナダが開催した会合には、約20カ国の外相が集まった。そこで河野外相は、「北朝鮮が南北対話に取り組んでいるから、制裁解除や援助提供で報いるべきだという意見もあるが、正直言ってこれはおめでたすぎると思う。北朝鮮は、核ミサイル開発を続けるため、時間稼ぎをしようとしていると思う」と述べた。

Image copyright AFP
Image caption 北朝鮮は「時間稼ぎ」をしていると警告する河野太郎外相。左はカナダのクリスティア・フリーランド外相(16日、バンクーバー)

米国のレックス・ティラーソン国務長官もこれに同意し、北朝鮮が「確かな交渉の場に着くしかない」状態になるまで、北朝鮮への圧力を強めるべきだと呼びかけた。

韓国の康京和(カンギョンファ)外相は、北朝鮮が今月に入り南北対話に応じるようになったことの背景には、国際社会による制裁や圧力強化もあるはずだと指摘。「国際社会が協調して重ねてきた努力が、実を結び始めている」と述べた。

集まった各国外相は共同声明で、国連安全保障理事会決議に基づくものより厳しい内容の制裁を検討すると表明した。その一方で、南北対話の継続を支援する意向も示した。

北朝鮮にとって最も重要な同盟関係にある中国とロシアは、この外相会合に招かれなかった。

中国は正当性のない会合だと批判した。

中国外交部の陸慷報道官は、「朝鮮半島問題で最も重要な当事者が参加していない会合だ。そのため、この会合が合法とも、当事者を代表するものとも思えない」と述べた。

(英語記事 Japan warns over North Korean 'charm offensive'

この話題についてさらに読む