コービン党首の「旧チェコスパイ」疑惑 英労働党は「ばかげている」と反発

Jeremy Corbyn at Prime Minister's Questions Image copyright PA
Image caption 首相答弁でメイ首相が「チェコ・スパイ説」に言及した際のコービン労働党党首

英野党第一党、労働党のジェレミー・コービン党首がかつて旧チェコスロバキアの情報提供者か協力者だったという疑惑が、一部の英メディアや与党・保守党議員によって取りざたされている問題で21日、労働党はあらためて、疑惑は「ばかげた幻覚のようなもの」と否定した。

毎週水曜日恒例の首相答弁で21日、テリーザ・メイ首相はコービン氏について、「チェコ人が好きなのは知っている」と皮肉を飛ばした。

首相代表質問の後、労働党報道官は一部メディアがスパイの話を「創り上げて盛り上がっている」ものの、疑惑の出所はひとつしかなく、チェコの国家安全情報文書管理当局も否定している内容だと指摘した。

コービン氏が1970年代から80年代にかけて、旧チェコスロバキアの協力者だったという疑惑がとりざたされるなか、旧チェコスロバキアの諜報員だったヤン・サルコジ氏は、コービン氏とロンドンで数回会ったことがあると主張している。

若手下院議員だった当時のコービン党首と当時のチェコスロバキア秘密警察「STB」との関係を説明するよう求められたサルコジ氏はBBCニュースに対し、「非常に言いにくいが、彼はとてもオープンだった」と話した。

自分が秘密警察の一員だとコービン氏は知っていたのかさらに尋ねると、サルコジ氏は「ええ、間違いなく。なぜなら当時はご存知の通り、大使館の誰がどういう人なのか、みんな知っていたので」と答えた。

スロバキアの首都ブラチスラバでサルコジ氏はBBCに、コービン氏について「それはそれは良い情報源」だったと話した。

コービン党首の広報担当は、1980年代にチェコスロバキアの外交官(名前は明かされていない)と軍縮を協議するため、1度会談したことをコービン氏は覚えていると話した。

労働党広報担当は、報道されているそれ以外の接触については否定し、一連の主張は突拍子もないものだとサルコジ氏を非難した。

一連の疑惑についてドイツ政府は、シュタージ(旧東ドイツの秘密警察)の資料を「最近調べた」ものの、コービン氏に関する記録はなかったと発表している。

Image caption スロバキアの首都ブラチスラバでBBCの取材に答えたヤン・サルコジ氏

「政治的な動機」

ソ連が支えた当時のチェコスロバキア政権に自分が「賛同」していたなど偽りだと、コービン氏は疑惑に反論している。

1980年代にロンドンのチェコスロバキア大使館で勤務していたサルコジ氏が、コービン氏と接触していたという内容を、複数の英メディアがここ1週間ほどトップ記事で報じていた。しかしコービン氏は、一連の報道は政治的な動機に基づくものだと反発している。

コービン氏はフェイスブックで20日、一連の報道は、労働党が政権をとる可能性を「心配する」保守系新聞のオーナーたちが仕掛けているものだと書いた。報道は、旧チェコスロバキアの情報機関がコービン氏についてまとめた資料をもとにしている。

チェコの国家安全情報文書管理局の責任者は、当時の情報機関がコービン氏を「接触相手」の候補とみなしていたことが資料からうかがえると述べつつ、密告者や協力者だった証拠はないと話している。

さらに、ドイツ政府のシュタージ記録庁は、「最近の調査」でコービン党首に関する記録は、何も見つかっていないと明らかにした。

シュタージ記録庁は、旧東独で恐れられた秘密警察シュタージが、コービン氏について資料ファイルをまとめていたのではないかという憶測を否定した。コービン氏は1970年代に、当時の恋人だったダイアン・アボット現・影の内相と、東ドイツを旅行して回っている。

ドイツ連邦シュタージ記録庁は、「旧東ドイツ国家保安省の文書記録に関する最も最近の調査では、ジェレミー・コービンあるいはダイアン・アボットの記録や情報は出てこなかった」と声明で発表している。

かつて東独の情報機関は左翼政治家や団体を工作対象として、コービン氏が1980年代に活動していた労働党の平和団体「Labour Action for Peace」にもスパイを潜入させていたと伝えられている。

労働党報道担当者は首相代表質問後、コービン氏がこのことを認識していたと示すものは何もないと語った。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
なぜ英保守党はコービン氏が「国を裏切った」と BBC司会者が重ねて質問

「名誉毀損」にあたるのか

労働党によると、コービン氏は自分が当時、誰とどのように接触していたかについて「詳細な記録」を残している。平和と軍縮を協議するため、チェコスロバキア政府関係者1人と会ったことも記憶しているという。ソ連と米国の緊張緩和の期待が高まっていた時期のことだ。

コービン氏は冷戦中に、ワルシャワ条約機構と北大西洋条約機構(NATO)双方の様々な関係者に会っていたことを「恥ずかしいとは思っていない」と、労働党広報担当は話した。一方で、実際に会ってもいない人と会ったかのように報道されているという。

労働党によると、コービン氏は1987年10月24日、英中部ダービーシャー州チェスターフィールドで開かれた社会主義会議に出席した。一部報道ではこの日にもサルコジ氏に会ったとされている。

一方でコービン氏は、保守党のベン・ブラッドリー議員(ノッティンガムシャー州マンスフィールド選出)に対し、謝罪するよう求め、謝らないならば法的措置をとると告げた。ブラッドリー議員はツイッターで、コービン氏は「英国の機密情報を共産主義のスパイに売っていた」と書いている。

コービン氏の弁護団はブラッドリー議員に書簡を送り、いかなる「中傷的発言」も二度と繰り返さないことを書面で確認するよう強く求めた。弁護団は、中傷的発言がコービン氏の名誉を傷つけ、害を及ぼすおそれがあると述べている。

ブラッドリー議員はソーシャルメディアで批判を受け、すでに問題のツイートを削除している。同議員に対しては、「損害賠償の代わりに」コービン氏が選ぶ慈善団体に寄付するよう求める声が上がっている。

(英語記事 Labour rejects ex-Czech agent's Corbyn claims as 'absurd'

この話題についてさらに読む