ホワイトハウス広報部長が辞任へ トランプ政権4人目

ヒックス氏はトランプ氏に最も近い側近のひとりだ Image copyright Reuters
Image caption ヒックス氏はトランプ氏に最も近い側近のひとりだ

米ホワイトハウスは2月28日、ホープ・ヒックス広報部長(29)が辞任すると発表した。トランプ政権発足後に、広報部長が辞任するのはこれで4人目。

元モデルのヒックス氏は政権入りする前、ドナルド・トランプ米大統領一族の事業を統括する「トランプ・オーガナイゼーション」で勤務。トランプ氏の側近として長らく知られていた。

ヒックス氏は、ホワイトハウスでできることはすべて達成したと感じると、周囲に語ったという。

サラ・サンダース大統領報道官は、ヒックス氏の辞任時期は依然として不明だと述べた。

27日には下院情報特別委員会が、2016年の大統領選でトランプ陣営とロシアとの間につながりがあったとの疑惑に関して、ヒックス氏から非公開の聞き取りを行っているが、サンダース氏は今回の辞任発表との関連を否定した。

報道によると、ヒックス氏はトランプ氏のため「罪のないうそ」に相当する発言を何度かしたと委員会で認めたものの、大統領選へのロシア介入疑惑の捜査に関連してうそをついたことは否定したという。

トランプ氏は「異論ない」と

大統領選でメディア対応を担当していたヒックス氏は、昨年8月にアンソニー・スカラムーチ氏が広報部長が就任10日で解任されたのを受け、後任となった。

スカラムーチ氏の前には、ショーン・スパイサー、マイク・ダブキ両氏が広報部長を務めていた。

ヒックス氏は広報部長として前任者たちとは対照的に、非常に目立たない姿勢を保っていた。

トランプ大統領は文書で、「ホープ(・ヒックス氏)はずば抜けた人で、過去3年間、素晴らしい仕事をしてくれた。彼女は頭がよく、自然な思いやりがあった。本当に素晴らしい人だ」と述べた。

「私のそばにいなくなるのを悲しく思うが、彼女からほかの可能性を追求したいと相談されたとき、全く異論はなかった。将来必ずまた一緒に働くことになるだろう」

BBCのタラ・マクケルビー・ホワイトハウス担当記者は、ヒックス氏はトランプ氏の最側近として知られ、記者たちとは打ち解けなかったと話す。大統領専用機「エアフォースワン」の機内や駐機中に話をした際も、礼儀正しいが冷たい印象だったという。

大統領選でトランプ陣営がロシアと結託したとの疑惑をめぐる調査や捜査で、ヒックス氏は重要な証人とみられてきた。

9時間に及んだ27日の聞き取り調査では、2016年にニューヨーク・マンハッタンの「トランプタワー」であった、トランプ陣営関係者とロシア人弁護士との会合について、質問に答えようとしなかったという。

先月には、ホワイトハウスのロブ・ポーター秘書官が元妻2人への虐待疑惑で辞任するという不祥事で、ポーター氏と恋愛関係にあったとされたヒックス氏が、当初ポーター氏を擁護するホワイトハウスの声明の作成に関与したことで批判を集めた。トランプ大統領もヒックス氏の対応に批判的だったとされる。

(英語記事 Hope Hicks: Close Trump aide and White House communications chief resigns

この話題についてさらに読む