海の中で2年 石垣島でなくしたカメラがたどり着いた先は?

これは石?海で2年間漂流していたとみられるカメラは発見時、こんな姿だった Image copyright Park Lee
Image caption これは石?海で2年間漂流していたとみられるカメラは発見時、こんな姿だった

海に落ちて2年間、なくなったと思われたカメラが発見され、持ち主の元に戻った。

台湾の海岸に打ち上げられたカメラはフジツボに覆われ、すぐには何なのか分からないほどだった。しかし、防水ケースのおかげで、完全に使用可能な状態だった。

カメラを見つけたのは学校の児童たちで、持ち主を探し出そうという先生からの提案で、フェイスブックに投稿することにした。

それからわずか1日。持ち主が見つかった。

「信じられなかった」とカメラの持ち主、椿原世梨奈さんはBBCに語った。

「友達が教えてくれて、写真と一緒に投稿を送ってくれたときは、すごく驚きました」

Image copyright Serina Tsubakihara
Image caption 海の中でなくしてしまったと思っていたカメラの中の写真の1枚

日本の大学に通う椿原さんは、台湾から約250キロ離れた沖縄県石垣島に休暇で訪れた際にカメラを落とした。

「スキューバダイビングをしていて、友達の一人が空気がなくなったというので助けようとしていたら、落としてしまったのです」

水中を放浪したカメラ

カメラを落としたのは2015年9月のことだ。椿原さんはカメラはもう見つからないとあきらめていた。

しかし、ダイビング用の防水ケースに守られたカメラは、ちょっとした旅に出る。

Image copyright Serina Tsubakihara
Image caption カメラの中にあった最も最近の写真は2015年のダイビング旅行の際に撮影されたものだった

何百キロも流された後、カメラはようやく台湾東部の宜蘭県にあるビーチに打ち上げられた。

そこで、ビーチの美化活動に来ていた小学校の生徒たちに拾われた。

「カメラを見つけたのは11歳の男の子です」と、生徒たちを引率していた李公元教諭はBBCに話した。

フジツボや貝に覆われた防水ケースは一見、石のようだった。

「壊れていると思ったのですが、もしかしたらと、ケースからフジツボを落として、ケースを開けるボタンを見つけました」

Image copyright Park Lee
Image caption 防水ケースは確かに水からカメラを守った

ケースの中に水は全く浸入しておらず、カメラの状態は良好に見えたという。

「さらにびっくりしたことに、生徒がスイッチを入れるとカメラの充電は切れてなかったんです!」

学校に戻り、李先生と生徒たちはカメラをどうするか話し合った。

「自分たちがカメラを見つけたんだから、自分たちの物にできるという子たちもいましたが、持ち主を探し出そうという子たちもいて、それならどうやって見つけられるか話し合ったんです」

李先生と生徒たちは当初、カメラに保存してある写真を見るべきか、また投稿すべきか迷ったという。しかし持ち主を見つけるためには、どうしてもそうする必要があるように思えた。

Image copyright Serina Tsubakihara
Image caption 石垣島の海でなくなったカメラは何百キロも旅をして台湾の海岸に打ち上げられた

一部の写真は日本で撮られたものだったので、持ち主は多分日本人だと思われた。そのため、投稿は中国語と日本語の両方で書いた。

あっという間に、投稿は1000件以上共有され、1日のうちに持ち主が椿原さんであることを突き止めた。

「私の人生で、人の優しさが感じられる奇跡的な機会を得られたのは、すごく幸運だし幸せだ」と椿原さんは話す。

「あの写真は当時の記憶を呼び起こしてくれて、再体験させてくれる」

椿原さんは今年6月に台湾を訪れ、李先生と生徒たちにお礼を言い、長い間なくしていたカメラを受け取ることにしている。

アンドレアス・イルマー記者

(英語記事 The incredible journey of a camera lost at sea