17歳の牧牛犬、迷子の3歳少女を助ける 豪原野の夜に寄り添い

犬のマックスは16時間、女の子に寄り添った Image copyright QUEENSLAND POLICE
Image caption 犬のマックスは16時間、女の子に寄り添った

豪クイーンズランドの警察は21日午前、原野に迷い出て行方不明になった3歳少女を発見したと発表すると共に、家族の17歳になる牧牛犬が女の子に約16時間寄り添っていたと明らかにした。

女の子のオーロラちゃんは前の日から行方が分からなくなり、家族や警察など約100人が捜索に当たっていた。

クイーンズランド・サザンダウンズの自宅を出て原野に迷い込んだオーロラちゃんの後を、犬のマックスが追い、16時間近くずっと寄り添っていたとみられている。高齢のマックスは、目と耳が部分的に不自由。

1人と1匹が丘の斜面で一緒にいるのを、親族が21日朝に発見した。

オーロラちゃんの祖母、レイサ・マリー・ベネットさんは、自宅から約2キロ離れた場所で、オーロラちゃんの叫び声を聞いたと豪ABCに話した。

「大急ぎで山を駆け上がって上までたどりつくと、犬がこちらに向かってきて、オーロラのところへ一直線に連れて行ってくれた」

親類によると、気温が15度まで下がるなか、オーロラちゃんは犬のマックスと岩の下に避難していたという。

Image copyright QUEENSLAND POLICE
Image caption 警察車両の横に立つマックス。動物の専門家によると、高齢な犬ほど人間とのつながりを特に重視するという

クイーンズランド警察は、マックスの行動を称え、名誉警察犬の地位を与えた。

「3歳の子供なら、夜間とても怖かっただろうし、とても寒かったはずだ。犬が寄り添っていたおかげで、女の子は心強かっただろうし、寒くならなかったのだろう。明るい結末でよかった」とクレイグ・ベリー警部は話した。

ツイッターでは大勢が、マックスをほめちぎり、おやつをたくさんあげてほしいと書き込んだ。

なぜずっとそばに

なぜマックスがずっとオーロラちゃんのそばを離れなかったのかについて、シドニー大学のポール・クリービー教授(動物行動学)は、高齢な犬ほど人間とのつながりを大事にするので、女の子の動揺を察知したのだろうと話す。

「もし女の子が泣いていたなら、犬は元気付ける行動をとった可能性が高い」とクリービー教授はBBCに話した。

「女の子のそばにずっといて、支えてあげるのが、なにより大事な行動だったはずだ」

(英語記事 Elderly dog helps save girl lost in Australian bush

関連トピックス

この話題についてさらに読む