フランス国民議会、厳格な移民法案を可決 難民より困難に

法案をめぐってマクロン大統領の与党LREMには亀裂が生じた Image copyright EPA
Image caption 法案をめぐってマクロン大統領の与党LREMには亀裂が生じた

フランスの国民議会(下院)は22日、難民関連の規制を強める内容の厳格な移民法案を新たに可決した。

法案は賛成228票、反対139票、棄権24票で可決された。これにより、難民申請の期限が早まるほか、不法移民を勾留できる期間が倍になり、不法入国に対して禁錮1年の処罰が導入される。

エマニュエル・マクロン大統領率いる中道政党「前進する共和国」(LREM)は、新たな移民法が難民申請の手続きを迅速化するとしている。

しかし、野党指導者や人権擁護団体は法案について、過剰対応だと批判している。

法案をめぐる採決は当初、20日に予定されていたが、何百もの法案修正が加えられたことから、審議は週末に入っても終わらなかった。

採決では、LREM所属議員のうち、ジャンミシェル・クレモン議員が造反して反対票を投じ、ほか14人が棄権した。

クレモン議員は採決後に文書で、「いつも我々の普遍的なメッセージだったものを世界の市民に向けて出せたのか、確信がない」と述べた。

国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」は、申請期間が120日から90日に短縮されたことで、「期限に間に合わない可能性が最も高い、最も弱い難民希望者」が影響を受ける可能性があると指摘した。

同団体は、「より効果的な難民制度を提供するふりをしながら、保護を受ける道を狭める一連の方策が、法案に盛り込まれている」と述べた。

法案は、6月に上院でさらに審議される。

<用語について> BBCは、亡命申請の法的手続きを終えていない、移住中の人すべてを「移民」(migrants)と呼んでいる。この中には、戦争で引き裂かれているシリアのような国を逃れて移動し、難民認定される可能性の高い人たちも含まれる。また、各国政府に「経済移民」と分類される可能性の高い、より良い職業や生活を求めて移動している人たちも、「移民」に含まれる。

(英語記事 France approves controversial immigration bill

関連トピックス

この話題についてさらに読む