パリでメーデーのデモが暴徒化 200人近く逮捕

破壊されたマクドナルド店の前で、マクロン氏を批判する文言を書き込んだ仏国旗を掲げるデモ参加者(1日、パリ) Image copyright EPA
Image caption 破壊されたマクドナルド店の前で、マクロン氏を批判する文言を書き込んだ仏国旗を掲げるデモ参加者(1日、パリ)

1日にパリで行われたメーデーのデモで参加者の一部が暴徒化し、商店のショーウインドーを破壊したり、自動車に火をつけるなどした。パリ警察は200人近くを逮捕した。

デモでは、警察1人を含む4人が軽いけがを負った。

エマニュエル・マクロン仏大統領による公共部門の労働改革に抗議するデモは当初、平和的に行われていたが、「ブラック・ブロック」と呼ばれる左派の無政府主義者の集団が加わり、主導権を握った。警察によると、マスクやパーカーのフードをかぶったデモ参加者約1200人が確認されたという。

警察は催涙ガスや放水を使ってデモ隊に対抗。黒い服装をした参加者たちはデモ行進の前進を止めようとした後、道路脇に並ぶ商店のショーウインドーを割り、オステルリッツ駅近くのマクドナルド店舗に放火するなどした。

Image copyright EPA
Image caption 催涙ガスに対抗するため防御マスクを着用したデモ参加者たち
Image copyright Reuters
Image caption 一部の参加者たちは道路の標識を倒すなどした(1日、パリ)

道路にあった車両や自動車販売店も放火され、壁には落書きがされた。

仏政府のバンジャマン・グリボー報道官は、顔を覆ったデモ参加者たちを批判。「真摯な信念があるなら、マスクをしないでデモ抗議をするべきだ」、「フードがかぶっていた連中は民主主義の敵だ」と述べた。

Image copyright Getty Images
Image caption デモ参加者たちは公共部門の労働改革に抗議していた(1日、パリ)

労働組合員の間にはマクロン大統領の改革への不満が広がっている。鉄道労働者たちは、フランスの国鉄(SNCF)の抜本改革に抗議するストライキを、先月2日から3カ月間の予定で行っている。

3月のストライキには、鉄道労働者に加えて教師や看護師などが参加。マクロン大統領は、改革で引き下がることはないと表明している。

労働組合側は、1日に平和的なデモを行った主流の参加者が約5万5000人に上ったと発表したが、警察はデモ参加者数を約2万人としている。

昨年9月にはマクロン政権が推し進める改革への抗議デモに22万3000人が参加していた。

Image copyright EPA
Image caption 破壊されたマクドナルド店舗を見る通行人たち
Image copyright Getty Images
Image caption 火が放たれたバンとスクーター(1日、パリ)

(英語記事 Paris police arrest 200 after violent May Day riots

関連トピックス

この話題についてさらに読む