女優クリステン・スチュワート氏、カンヌではだしに ドレスコードに抗議か

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
ハイヒールを脱ぎ、はだしでレッドカーペットを歩くクリステン・スチュワート氏

カンヌ国際映画祭のハイヒール論争は近年、ますます鋭いものになってきた。

今年の第71回カンヌ国際映画祭の審査員を務める女優クリステン・スチュワート氏は、レッドカーペットをはだしで歩くことで、フラットシューズ禁止令にあえて逆らってみせたようだ。

「トワイライト」シリーズや「パーソナル・ショッパー」などの映画で知られるスチュワート氏は、14日夜に開かれたスパイク・リー監督の「BlacKkKlansman」のプレミア上映に参加した。

当初はルブタンの黒いハイヒールを履いていたが、会場に入る直前にハイヒールを脱ぎ、はだしでレッドカーペットの階段を上った。

靴を脱いだスチュワート氏への罰は、特になかったようだ。

「ハイヒールは無理強いできない

ドレスにスニーカーを合わせてレッドカーペットに登場したことがあるスチュワート氏は昨年、カンヌ映画祭のドレスコードについて業界紙ハリウッドレポーターの取材を受けている。

「とても明確なドレスコードがあるのは確か。ハイヒールでも何でも、履いていなければとても怒る人たちがいる」

「そういうことは、もう人に強制できないと私は思う。当たり前のことで。男性にハイヒールとドレスを無理強いしないなら、私にもできない」

Image copyright EPA
Image caption スチュワート氏は当初、ハイヒールをはいて登場した
Image copyright EPA
Image copyright Reuters
Image caption そしてハイヒールは……
Image copyright AFP/Getty
Image caption ……もうない

2015年には、フラットシューズを履いた女性が、カンヌでレッドカーペットへの参加を断られたと報じられた。

フラットシューズ禁止には、スターがこぞって反発した。英女優エミリー・ブラント氏は、禁止令報道には「とてもがっかりした」と発言している。

当時の取材でブラント氏は、「本当ならみんながフラットシューズを履くべき。ハイヒールなんて、誰も履くべきじゃないというのが私の意見」

Image copyright Getty Images
Image caption 2016年のカンヌ国際映画祭ではだしでレッドカーペットを歩くジュリア・ロバーツ氏

この騒ぎ以降、はだしでカンヌ国際映画祭のレッドカーペットを歩いたのはスチュワート氏が初めてではない。2016年には「マネーモンスター」のプレミア上映に参加したジュリア・ロバーツ氏が同じことをしている。

スチュワート氏がプレミア上映に参加した「BlacKkKlansman」は、白人至上主義の秘密結社クー・クラックス・クランに忍び込む黒人米国人を描いた作品で、ジョン・デイビッド・ワシントン氏やアダム・ドライバー氏が主演している。14日のプレミア上映後にはスタンディングオベーションが起きた。

(英語記事 Kristen Stewart goes barefoot at Cannes

この話題についてさらに読む