メルケル独首相、ドイツはホロコーストの責任を受け入れていると
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

メルケル独首相、ドイツはホロコーストの責任を受け入れていると

イスラエルのネタニヤフ首相がホロコースト(ナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺)は当時のパレスチナ人指導者のせいで起きたと発言したことに対して、ドイツのメルケル首相は21日、ナチスの責任だとドイツ人は「はっきり認識している」と反論した。

メルケル首相は、毎年恒例の首相会談のためにベルリンを訪れたネタニヤフ首相と会談後、共同会見し、「ショーア」(ホロコースト)がナチス・ドイツによるものだったという認識は今後も、学校などを通じて次の世代に引き継いでいかなくてはならないと述べ、「この問題について歴史認識を変える必要性を感じていない。われわれはドイツとして『ショーア』に対する自分たちの責任を受け入れている」と言明した。

ネタニヤフ首相も、「ホロコーストはヒットラーの責任だったと誰も否定してはならない」と発言した。