子どもの頃に犬を飼うと、ぜんそくリスクが低下と

girl with dog Image copyright SCIENCE PHOTO LIBRARY

スウェーデンで65万人を対象にした大規模調査で、犬を飼っていた家庭で幼少期を過ごした子どもがぜんそくになるリスクは、犬がいなかった子どもよりも低いことが分かった。

調査によると、0歳から1歳までの間に犬を飼っていた家庭で育った子どもは、7歳になった時点でぜんそくを発症する可能性が13%低かった。研究をまとめたスウェーデンのウプサラ大学のトーブ・ファル教授は、調査結果が、幼少時にある程度のちりやほこりに接触することは一般的なアレルギーの抑制効果を持つという「衛生仮説」に合致すると指摘した。

ファル教授は「妊娠している、あるいは子どもを作ろうとしていて、犬を飼いたいと思っている人にとって、これは大事な情報だ。心配しなくてもいいということなので」と語った。

米国医師会の小児科専門誌「JAMA Pediatrics」に掲載された研究結果は、ペットが免疫力を高め、アレルギーを予防するという考えに沿ったものだが、過去の研究には相反する結果もあり、さらに検証が必要となっている。

すでに犬アレルギーがある子どもがいる家庭で犬を飼うのは当然ながら避けるべきだと、スウェーデンの研究チームは指摘している。

人間の最良の友?

ペットは最も一般的なアレルギーの原因だ。英国の団体「Allergy UK」によると、ぜんそくの子どもの約半数が猫に対するアレルギーがあり、同様に40%は犬に対するアレルギーがある。

ペットが自分の体をなめて身づくろいをすると、皮膚細胞に唾液が付着し、抜けた毛と共にふけとして落ちる。一部の人にとっては、これがアレルゲンとなる。

幼少時に動物のふけに接触することがアレルギー抑制につながる可能性があることを今回の研究結果は示唆している。

さらに、多くの動物がいる農場で育った子どものぜんそく発症のリスクは約50%低く、さらに免疫力を高める効果がある可能性が示されている。

すでにアレルギーがあり、ペットを飼っている家庭はどうするべきか。「Asthma UK」のアドバイスは以下の通りだ。

  • ペットを寝室に入れない。もし可能であればリビングにも入れない
  • 猫や犬を定期的にシャンプーする
  • 猫アレルギーの人には空気清浄器や高性能の掃除機が効果的かもしれないが、十分な証拠はまだ集まっていない
  • 完全に「アレルギーフリー」な犬種はないと考えるべき。いずれも、ふけを落とすからだ

「Allergy UK」のアミナ・ワーナーさんは「これまでも(幼少時のペット接触によるアレルギー抑制効果を示す)同様の研究はいくつかあったが、これほど長期的かつ大規模に行われた例はなく、その点で説得力がある」と指摘した。

(英語記事 Pet dogs 'may help children avoid asthma'

この話題についてさらに読む