耳が3つある保護ネコ、「キャプテン・カーク」と名付けられそうに

Brian the three-eared cat Image copyright Feline Care Cat Rescue
Image caption 保護センターの獣医は、耳が3つある猫を見るのは診療生活30年間で初めてと

英東部ノーフォークのネコ保護団体が、耳が3つある珍しい猫を保護した。車庫の近くに捨てられていた様子のネコを保護した人たちは、耳の珍しさから、米SFシリーズ「スター・トレック」の「キャプテン・カーク」や「ミスター・スポック」などの名前を候補に挙げたが、最終的には車庫の持ち主にちなみ「ブライアン」という名前に落ち着いた。

保護団体「Feline Care Cat Rescue」のモリー・ファラーさんによると、担当獣医は30年の診療生活でも耳が3つある猫は初めて見たと驚いていたという。

「獣医師が見たことないと言うので、珍しい特徴なのでしょう。私たちのところには色々なネコがやってきます。尻尾がなかったり、尻尾が少し欠けていたり、少ししかなかったり。3本脚のネコも、片目のネコも、ありとあらゆる身体障害のあるネコを見ますが、この子はかなり特別です」とファラーさん。

「ブライアン」は4歳~8歳の間の雄猫だが、当初は「ブライアン」という一般的な名前でなく、「キャプテン・カーク」や「ミスター・スポック」という派手な名前が候補に挙がっていた。「左耳と右耳と最後に前耳があるから」というのが理由だそうだ。

(訳注。「最後に前耳=final front-ear」。「front ear」は「frontier=未開拓地」と音が同じ。「final frontier=最後の未開拓地」はテレビ版「スター・トレック」冒頭に出てくる決まり文句)。

ブライアンは9日に、工業団地の端にある車庫の近くで発見された。捨てられたか、トラックの荷台に紛れ込んでそこまで運ばれたかしたのではないかと思われている。

もしもとの持ち主が見つからなければ、次の飼い主を探すとファラーさんは話している。

(英語記事 Three-eared 'Captain Kirk' cat found in Norfolk

この話題についてさらに読む

関連リンク

BBCは外部サイトの内容に責任を負いません